まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
上村尚美

食に関するあらゆる事業をサポートする総合フードコンサルタント

上村尚美(かみむらなおみ)

オフィストランセット

お電話での
お問い合わせ
090-4083-6923

上村尚美プロのコラム一覧

HEBO

2018-06-13

フードコーディネーターのかみむらです。岐阜県東濃地方と長野県南部で地域の味として愛されている「ヘボ」クロスズメバチのことです。いわゆる、「はちのこ」これを、佃煮ではなく手軽に食べてもらえるように「お菓子」にしました。『HEBO』と言います。おかげさまで、販路を増や...

フードコーディネーターのかみむらです。『薬膳』をテーマにした【ヤクゼンスタイル】実際の商品を手にしてもらえる販売会に出店します!*6月12日火曜日 名古屋市栄の東急ホテル3階葵の間にて  11時~17時まで。入場無料  『キラッと女子受注販売会』試飲や試食を行う予定...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑫》ちょっとおさらい。イスラム教徒の方を「ムスリム」といいます。イスラム教徒の方の食事のルールで「ハラール(ハラル)」というのがあります。「ハラール接遇」とは、食事を中心とした接し方をいい、「ムスリム接遇」とは、訪日されたときの全ての理...

【和漢茶の特徴】商品を作るときに悩んだのは『なぜこの商品を買うのか❓』を明確にするためにどんな特徴を作ればいいのか?「何か飲みたいときに飲む」ものもあれば「身体のことを考えて飲むこと」もあるわけで。薬膳と名前がついているものを買ってくれるかたは「目的」があるは...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑪》日本では、飲食店でたばこを吸えるところがどんどんなくなり、不自由を感じている方も多いと思いますが。ハラルでは、「身体に害のあること」は、よくないとされているので、喫煙する人はまれだそうです。禁止事項にはなっていないので、日本で接待すると...

【Yakuzen Style 和漢茶】なぜ和漢茶が生まれたか?それは、多くの女性の声から。寺島先生の薬膳講座の受講生の皆さんから「自宅でこういうのが飲みたい~」という声が多くあがったから。身体に合った飲み物が欲しい・・・薬膳の考え方をベースに、シンプルにブレンドした和漢茶で...

【Yakuzen Style 和漢茶】薬膳の考え方から生まれた「和漢茶」監修は、中医薬膳特任教授の寺島英里先生。今、名古屋で人気の薬膳の先生ですよ~(^^)お茶と言いますが、茶葉は使ってません!ブレンドはシンプルです。なぜかというと、目的に合わせて作られているから。材料に...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑩》ハラ―ル認証って。。?耳にしたことがある方も多くなったと思いますが。「ハラ―ル認証」とはムスリムの方が安心して手にできる商品につけられる認証制度です。日本にも、食品に様々なマークがついていますよね?基準やルールがあり、安心安全を保証す...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑨》なぜ豚がだめなのか?諸説いろいろあるようで。それは神だけが真実は知るようですが、人間を守るために決められたことのようです。さて、禁止されている豚ですが、豚肉だけでなく、加工品もダメです。出汁としてももちろん。豚の油脂から製造される...

【Yakuzen Style 和漢茶】薬膳をテーマに生まれたYakuzen Styleの和漢茶が完成しました。薬膳には、五行学説の考え方に基づいた「五色」という食材の色を5つに分類したものがあります。色と食べ物とカラダの関係を表したもので、勉強しだすとなかなか面白いんですよ~(^^)和漢茶も5色...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑧》ハラルの話をしていると、「豚肉とアルコールがダメなんだよね?」と聞かれます。はい、そうですね。先日日本人でイスラム教徒に改宗された方が中華料理店で「豚を抜いてください」とお願いしたら、「ベーコン」が入っていて。次は「ソーセージ」が...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑦》ムスリムの人は、ハラ―ルレストランじゃないと食事はできない?と、いうことではありません。先日、わかりやすいなぁ~と思ったのが「アレルギー表示と同じです」という表現。小麦アレルギーの方でも、症状は様々ですから同じ空間にあっても大丈夫な方...

【なつめチップの食べ方】なつめは果実です。なつめチップは、スライスされたドライフルーツなんです。ヤクゼンスタイルのなつめチップは、《油、香料、着色料、保存料、化学調味料、砂糖、乳製品》を使っていません。純粋なドライフルーツです。食べ方は、一度にたくさん食...

《ハラ―ルの話をちょっと解説⑥》ムスリムの女性は、外食のときに男性と食卓を囲むことはありません。男女は別に食事をします。できるなら、個室のほうが喜ばれます。当然、アルコールは飲みませんから、隣のテーブルでアルコールを飲まれることは喜ばしくないのです。お酒を飲んでい...

HEBO

2018-04-22

【クロスズメバチをヘボと言う】岐阜県東農地方、長野県南部では『はちのこ』を佃煮にして食べます。スキーや温泉に出かけた方は、旅館やお土産屋さんで見かけたことがあるでしょうね。『珍味』とか『高級品』というイメージがあるのでしょうが、地域の方は自宅で育てて、収穫し、消費する『...

上村尚美プロのその他のコンテンツ

Share

上村尚美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4083-6923

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上村尚美

オフィストランセット

担当上村尚美(かみむらなおみ)

地図・アクセス

上村尚美プロのその他のコンテンツ