マイベストプロ愛知
石黒直樹

4代続く“はんペい”をつかった、ご縁つなぎの専門家

石黒直樹(いしぐろなおき)

株式会社豊浜水産

お電話での
お問い合わせ
0569-65-2968

石黒直樹プロのご紹介

豊浜はんぺいを通じてご縁をつなぎ、南知多町を日本一の観光地にする(1/3)

石黒直樹 いしぐろなおき

4代続く“はんぺい屋”を潰さないために一念発起

 魚のすり身でつくった練り物と聞いて、最初の思い浮かべるものは何でしょうか?練り物は、加工の方法や地域によってその呼び名が変わるといいます。一般的に、原料を油で揚げたものが“薩摩揚げ”、茹でると“はんぺん”、蒸すと“かまぼこ”、焼くと“ちくわ”。“はんぺい”は薩摩揚げと同じく油で揚げたもので、南知多町の豊浜で作られているから“豊浜はんぺい”。昭和30年頃に石黒直樹さんの曾祖父が始めたお店が続いており、直樹さんはその4代目です。

 「正直、子どもの頃は“はんぺい”は好きじゃなかったですよ(笑)。おやつにも“はんぺい”、手土産にも“はんぺい”、食卓にも“はんぺい”でしたから。でも27歳のときに『いずれはこの仕事を継ぐんだろうな…』と意識するようになってから見方が変わりました。経営の勉強会に参加して、決算書などの読み方が分かったら、『よく今まで潰れなかったな』と。そう思ったら、自分の代で潰すわけにはいかないと、スイッチが入りました」

 そんな中、2015年の34歳のときに父親が病気で倒れ、急遽事業を承継することになりました。「事業を継続するためには何が必要かを考え、それまでのやり方から、いくつかの方向転換を決断しました。具体的にはそれまで“かまぼこ”や“ちくわ”も製造していたのを“はんぺい”に絞ることで作業効率を上げ、取引先には商品の値上げをお願いすることに。さらに新規の取引先の開拓も進めました」。そして2017年、次のステップに向け、それまで個人事業だった家業を、“株式会社豊浜水産”として法人化します。「これまで家族のみだったので何とかやってこられましたが、これからのビジョンを考えると、どうしても従業員は雇いたいし、会社の規模も大きくしたい。それを実現するには、まず法人化だと考えたのです」

Share

石黒直樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0569-65-2968

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石黒直樹

株式会社豊浜水産

担当石黒直樹(いしぐろなおき)

地図・アクセス

石黒直樹プロのコンテンツ