まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

毛受誉子プロのコラム一覧

2015-05-01

桜の季節も終わり、夜の肌寒さもようやく収まってまいりました。治安の良い日本だからできることですが、月夜の散歩も風情があっていいものです。木々の新芽やもえぎ色の新しい柔らかい葉は、月に照らされるとまるで満開の花のように見えます。『あの木の枝で揺れているのは花だ!』と思いこむと...

人の意識には時間の概念として『タイムライン』があることをご存知ですか?過去→現在→未来という時間の一本の軸を思い出してみてください。どこに焦点が当たりやすいのか、またどの時間軸を話しやすいのか、みなさんそれぞれ傾向があります。・未来型の人は、これから起きることに焦点を当...

その他

2015-04-10

4月になり心も新たに!といきたいところですが、桜が咲いたり、雪が降ったり、環境に身体や心が順応するのにエネルギーが必要な時期です。こんな時、人がその事実をどのように捉えるのかは実に人それぞれです。Aさんは『なんてことだ!こんなんじゃ大変だ』と言います。Bさんは『まあ、三...

人は1日に約3回食事をしますが、脳は何を食べるのでしょうか?脳が好んで食べるのは『情報』です。情報とは活動を通して外界から得られる様々な刺激や体験のことです。人は活動している間中、起きている間中、『情報』を食べ続けている状態です。そして、眠ることで脳を休めることができます...

その他

2015-03-10

3月は『自殺対策強化月間』ですね!自殺対策強化月間のことが掲載されている内閣府のHPです。http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyoukagekkan/h26/poster.html3月、4月は人それぞれに大きな人生のイベント(ライフイベント)に出会う時期です。会社では人事異動、転勤、退職、職場の...

2015-03-06

皆さんの職場では、「ことばのハラスメント」について、どんな対策をとられているでしょうか。「つい」「ちょっと」などと軽い気持ちでの発言が相手を大きく傷つけたり心の病につながったりすることが多々あります。平成27年2月26日、職場で部下の女性に性的な発言を繰り返し、出勤停止と降格の...

ストレス

2015-02-25

人間が人間として生まれ、生きていく時、ストレスと上手に付き合っていく必要があります。ストレスの原因になるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーは単純に刺激です。手の中に弾力のあるテニスボールを想像して下さい。新しいテニスボールは気持ちがいいほど弾みます。これを健康な心の...

労働環境

2015-02-10

企業の皆様、人事担当者様、ご存知でしょうか?最近では障がい者雇用について積極的に取り組んでいる会社様も、取り組みたいと思いつつ二の足を踏んでいらっしゃる会社様も両方あるかと思います。そんな会社の皆様に朗報です。発達障害者を雇い入れた時や難治性疾患者向け、筋ジストロフィーや肺...

その他

2015-01-30

全国初の調査研究が「医療経済研究機構」から発表されました。子ども(中・高校生)への抗精神薬の投与が、安全性と有効性が確立されていない状況化の中で、抗精神病薬が43%増、抗うつ薬が37%増という現状が発表されました。また、小学生のADHDの治療薬は、オッズ比で87%増加というのが今の状況...

心理療法

2015-01-23

今年の初夢は何だったでしょうか。縁起の良い夢としては「一富士、二鷹、三茄子」といいますが、七福神の乗った宝船の絵を枕の下に入れて寝るといいとも言われています。初夢に関する一番古い書物(文献)は、鎌倉時代の『山家集』です。そこでは、暦上の新年とは無関係に、節分から立春の夜に見る...

うつ病

2015-01-20

うつ病の原因が特定されていない現状において、うつ病の根本的な予防策を見つけるのは困難な課題です。うつ病の発症には、生物学的要因だけでなくさまざまな心理社会的要因も大きく関わっていることも示されています。これまで職場で行われてきたのは、労働安全衛生法などで示された内容を実施して...

可能なストレッサー対策として、主に4つ挙げます。1.仕事上のストレッサー仕事上のストレッサーについてはいろいろな方法で評価されています。仕事の要求度(仕事の負荷やノルマ)とコントロール(仕事を進めていく上での裁量の余地)の二軸で説明しようとする「仕事の要求度―コントロールモデ...

うつ病

2014-11-17

近年、職場の労働環境や対人関係の問題が主な原因で一時的なうつ状態に陥っている労働者が、きちんとした問診もされず、安易にうつ病と診断されているケースが少なくありません。その結果、薬物治療よりも精神療法や職場環境への介入が優先されるべきケースでも薬物治療だけを受けているといった状...

職場におけるうつ病対策を展開するうえで最も大きな推進力となるのは、経営者、管理職の皆さまのメンタルヘルスに対する理解と主体的な取り組みです。企業活動は最終的にすべて経営者、管理職の皆さまの判断で行われるため、まずはメンタルヘルスやうつ病対策の必要性を理解し、これらの活動を企業...

依存症

2014-09-24

ストレス発散や入眠の目的でお酒を飲むという人は多くいます。ただ、長期間にわたる過剰な飲酒はアルコール依存症になり、心身がむしばまれ、うつ病や不眠を引き起こしたり、悪化させたりします。ひどくなると幻覚も表れ、仕事を失うばかりか、家庭も崩壊しかねません。近年、アルコール依存症...

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
facebook
google-plus
google-plus

毛受誉子プロのその他のコンテンツ