まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

「I(アイ)メッセージ+依頼」の表現で人間関係力UP

前回のコラムで、「適切な自己表現」の具体的な方法として、わたしを主語にして、自分自身の発言に責任を持ってコミュニケーションを取るための「 I(アイ)メッセージ 」についてご紹介しました。

言いづらいことを伝えるとき、人間関係を改善しお互いのストレスを減らせるだけでなく、業務の効率向上にも繋げられる方法です。さらには、感謝を伝える際にも活用することで、信頼関係がぐっと深まり、働く場の雰囲気が良くなる効果も期待できるのです。大切な自己表現スキルなので、より活用の場が増えるよう、応用編として「Iメッセージ+依頼」の具体例をご紹介させていただきます。

「 I(アイ)メッセージ 」の応用編 依頼を具体的に伝える効


☆Iメッセージ + 依頼  <依頼文は具体的に!!>
まずは、Iメッセージで冷静に伝えて、その後、依頼文を具体的に プラス しましょう。

 「作業の進捗状況を知らせてもらえないと、次の工程の予定が立てられず、困ってしまいます。」

△ 「できる限り早く進めてね」  
○ 「12時までに完了できるように、スピードを上げて作業してみようか」
○ 「スピードUPできる具体的な方法を一緒に考えてもらえるかな」
○ 「明日からは遅れそうなときは早めに相談して欲しいな」 

ほんの少しの言葉遣いが、人間関係がスムーズにいくきっかけになったりします。

愛知心理教育ラボでは、アサーティブコミュニケーショントレーニングを含め、心理カウンセリング、ビジネスコーチングを通して、生き方を見つめなおすお手伝いをしています。

社内の人間関係に困ってしまったりしたときは、相手に変化を求めるのではなく、まず自分自身の行動や言動を変える工夫をしてみるところから始めてみましょう。そうした行動変化は、相手のため、組織のためという以上に、自分自身のこころの安定や、より良い人間関係構築による仕事の効率化に繋がる建設的な行動なのです。ぜひ活用してみましょう。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ