まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

人間関係を円滑にして業務効率をUPする「適切な自己表現」

こころと身体の健康に大きな影響を与えると言われる「人間関係」ですが、人間関係の円滑さは仕事の効率にも大きな影響があります。人間関係の中で、相手のことを立てると自分のことが言えなくなったり、自分のことを伝えようとすると言いすぎてしまったりという、伝え方に困ったことはないでしょうか。

今日は、「適切な自己表現」についてご紹介していきたいと思います。仕事を円滑に進めていくためには、どんな立場(役割)の方とも意思の疎通をしていくことがとても大切です。アサーティブに伝える、「自己表現」の方法には以下の3つの種類が挙げられます。

3つの自己表現のパターン

①非主張的な自己表現:言いたいことがなかなか言い出せない控えめなタイプ
    <例> 黙る、小さな声、断れない、言い訳、複雑な説明
②攻撃的な自己表現:自己主張をして、相手に従わせようとする支配的なタイプ
    <例> 怒鳴る、責める、脅す、沈黙して攻撃する、相手を操作する、
③豊かな自己表現:互いを大切にし合いながら、正直な気持ちを適切に表現するタイプ
     <例> 正直、その場に合った言葉を使う、相手の表現も待ち、受け取る

例などを読んでみて、みなさんはどのタイプの自己表現をされているか気づいてみましたか?人間関係を円滑にし、ストレスを減らし、スムーズに仕事を進めるためには、もちろん③の豊かな自己表現のタイプで適切な自己表現をしていくことが必要です。自分の気持ち・考え・意見・希望などを率直に、しかも適切な方法で自己表現することで、自分も相手も互いに尊重し合える人間関係づくりに繋がるはずです。

「適切な自己表現」に必要なポイント

* 「わたし」を主語にする
* 自分の考えや感情を簡潔にまとめ伝える
* 落ち着いて穏やかなペースで話す
* 相手の気持ちを深読みしすぎない
* 話さなくても分かると思い込まない

愛知心理教育ラボでは、それぞれの課題に合わせて、独自のプログラムをカスタマイズ(特別注文)いたします。また、体験型研修・研修ゲームを取り入れることにより、個人の課題や、組織における課題を明確にし、組織ごとにより効果的な内容を提供します。
愛知心理教育ラボの様々な研修

すぐには上手くいかないかもしれません。時には言ってしまった後で「もっとああ言えばよかった」と思うかもしれません。それでも構わないのです。この学んだことを頭に置いて、より良いコミュニケーションをしていこう!!と思えたところがすでに、改善への一歩になるのです。日々、この内容を気に留めながら、職場内や家庭で快適な人間関係をつくって充実した毎日を手にしていただけたらと思います。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ