まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

非言語情報(伝え方・言い方)を配慮して信頼関係をUP!

コミュニケーションにおいて、相手に何かを正確に伝えようとしたら、どんな言葉を使おうか、どのように組み立てて分かりやすい文章にしようかと、言葉について注意をはらうかと思います。言葉の組み立てはとても大切です。そこに重ねて、非言語表現(伝え方・言い方)も重要であることが分かっています。

相手に、何かを伝えようとしたとき、言葉だけでは本当の思いや意味はそのまま伝わりづらいと言われています。言葉(言語情報)に合わせて非言語情報と言われる、声の調子や態度や姿勢も重要なのです。十分に相手に伝わるためには、言葉の組み立てを大切にするだけではなく、合わせて伝えるときの声のトーン、スピード、態度・表情などが言葉と合ったものであることを意識してみましょう。

愛知心理教育ラボでは、自分も相手も大切にする話し方が学べ、特に人間関係を豊かにするものの言い方や断り方について深く扱う研修「アサーティブコミュニケーション研修」「NLP研修」など、社内のコミュニケーションに関する研修も数多くを提供しています。

特に、表情や声の調子は印象に影響を与えます。ゆっくりと落ち着いた声で、程よい笑顔での会話をすることが、安心や信頼を感じてもらえる可能性が高いということです。是非、実践することで、互いに成長し合える関係性づくりに繋げていただけたらと思います。

言語情報で気をつけるポイント

(1)客観的な事実に基づいて、情報を伝える
(2)1度に1つの情報を伝える(1度にたくさんの情報を伝えない)
(3)相手の理解しやすい言葉を使って伝える
(4)言葉だけでは伝わりづらいときはメモに文字情報として伝える

非言語情報(伝え方・言い方)で気をつけるポイント

(1)表情や視線:視線を合わせる(凝視しない)、柔らかな笑顔、
(2)声のトーン:相手ペースに合わせる、区切りや間を活用する
(3)態度:手や足を組まない、適度な距離感を取りつつ身体を向ける

普段の職場や部署の様子などを振り返る視点としていただければと思います。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
facebook
google-plus
google-plus

毛受誉子プロのその他のコンテンツ