まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

ストレスの正しい理解と知識でセルフケアの実践を

2017年2月24日

ストレスという言葉は普段簡単に使いますが、あらためてどういったものなのか?どう付き合っていったらよいのか?という問いに、なかなか答えられない方も多いのではないでしょうか?

ストレスという用語は、もとは物理学で使われていました。「ゆがみ」とか「ひずみ」という意味です。物体に力が加わることによりできる「ゆがみ」や「ひずみ」を物理学ではストレスと言うのです。この用語を精神医学の分野で始めて使ったのが、カナダの生理学者のハンス・セリエ博士です。

ストレスについて、一番誤解があるのは「ストレスはゼロにすることが一番だ」という理解です。ストレスは決してネガティブなものばかりではありません。ストレスは「体がエネルギーをつくり出していくメカニズム」ともいえます。適度なストレスがあるからこそ努力しようとするエネルギーが生まれ、やる気が養われるのです。全くストレスのない生活は、心身の退化を招き抑うつ状態すら引き起こすことがあります。適正なストレスは健康とやる気を高め、生産性を向上させるのです。例えば、大変な仕事を任されることはもちろんストレスとも言えますが、「認められた」という意識も生まれ、頑張って成功させようとやる気が沸き努力を重ねることに繋がることもあるはずです。まさに「人生のスパイス」です。

しかし一方で過度なストレスはわたしたちのこころや身体に「ひずみ」をもたらし、不快な感情を引き起こし、やがてストレスによる疾患をもたらす可能性があることは疑いようのない事実です。

愛知心理教育ラボでは、自己のためのセルフケア、社内における組織のラインケア、 管理者のためのメンタルヘルス基礎を学べる研修など、人間性心理学をもとに、個人の成長と組織の成長を促す社員教育プログラムをご用意しております。
http://ai-pel.com/training/index.html

ストレスは、ただ悪者として取り除こうと戦うのではなく、ストレスをより理解し、自分自身の特性に気づいて、十分な対処法を実践し、上手に付き合っていくことがとても大切です。そのための知識や、スキルを身に付けて、セルフケアの実践に取り組みましょう!セルフケアについても随時紹介していきます。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*
株式会社愛知心理教育ラボ(APEL)
NLMデザインより社名が変わりました。
HP:http://ai-pel.com/
メールアドレス:info@ai-pel.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_**_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ