まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

メンタルヘルス不調におちいってしまった社員さんへの就業上の配慮とは

「もし社員さんがメンタルヘルス不調におちいってしまったら・・・?」上司として、会社としてどう対応していくのか。、何度かこちらのコラムでもご紹介してきましたが、本人の治療は専門家にお任せするとしても、主にふたつ配慮することがあります。
・メンタルヘルス不調の社員さん本人に対する配慮
・一緒に業務に携わっていた周囲の同僚に対する配慮

会社というのは仕事をする場所です。労働者は労働契約に基づき労働対価を得ています。事業者は賃金の支払いだけでなく、労働者の安全を守る義務があります。(安全配慮義務)そして、安全配慮義務は労働契約法で定められています。

~使用者は労働契約に伴い、労働者のその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう必要な配慮をするものとする (労働契約法)~

厚生労働省によると、自殺やうつ病による「社会的損失」を年間約2.7兆円であると試算しています。うつ病などによる自殺者は年間平均3万人ですが、自殺者がまったくいなかったと仮定すると、国内総生産(GDP)はもっと増えていたはずです。そこから考えると企業において精神的な問題からの自殺者や、うつ病等による休職者の社内における物理的影響、精神的影響における生産性の低下の損失も大きいのです。それは企業経営にとっても重要な問題です。

NLMデザインでは、メンタルヘルスカウンセリングや社員研修などを通じて企業と個人をうつ病から守り、組織の生産性の向上に貢献いたします。やがては人材育成や企業の成長利益につながっていくものであります。メンタルヘルス対策は安全配慮義務からも必須です。うつ病の予防や、復職支援といった企業のメンタルヘルス対策をトータルでサービスを提供いたします。http://www.nlm-d.com/mentalhealth/index.html現在は、うつによる経済損失は企業経営にとっても大きな問題です。

お互いが共倒れにならないために、会社としてできることはここまでと決めます。一定期間できる範囲で業務量や質の軽減、業務内容の変更、人間関係を含む職場環境の調整を行い、治療や回復に向けて努めてもらいます。必要以上に配慮をするのではなく、業務の評価等はきちんと行い、必要があれば休職の措置を取ることも大切です。その場合は、安心して治療に専念できるように情報の提供や説明をします。

安全衛生会議棟で、主治医、産業医、保健士、専門家と企業は連携をとりながら、本人への業務配慮が求められています。

社員さんのメンタル不調、具体的な就業上の配慮や面談の方法・ご相談はこちらへご連絡ください。
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
NLMデザイン (エルムデザイン)
HP:http://www.nlm-d.com/
メールアドレス:info@nlm-d.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ