まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

密接な関係がある発達障害と睡眠障害

睡眠

2014年1月23日 / 2014年2月14日更新

一般的に睡眠障害といわれるものには
・不眠
・過眠
・就寝時の異常感覚(脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない)
・睡眠覚醒リズム障害(昼は起きて活動し、夜は眠るというリズムが保てなくなる)
・いびき・無呼吸
・睡眠時随伴症(眠っている間に生じる「望ましくない現象」の総称で、ものを壊す、人に危害を加えるなどの他、寝言や歯ぎしりもここに含まれます)
などが、挙げられます。

今日は発達障害との関連性という視点で見ていきたいと思います。発達障害の二次障害としての睡眠障害は、多動性、衝動性の強さとの関連で発症する可能性があります。多動性や衝動性といった発達障害の特性と、前日の睡眠時間や眠りの深さと関係があると言われています。睡眠中にも現れる多動性などが深い眠りを妨げ、不安・ストレスからくる日々の睡眠サイクルの乱れがさらに次の睡眠に影響して、それが新たな不安、ストレスを招くという悪循環になっているのです。

 生活のさまざまな場面で抑制がきかず、先の見通しを考えずに刹那的に判断したり行動する傾向も睡眠障害に結びつきます。つまり、衝動的な行動や考察を伴わない決断が睡眠時にも影響してくる可能性があるのです。何かに集中しすぎて眠れなくなることが続き、過度の睡眠不足でその傾向に拍車がかかることもあります。結果自分自身の睡眠をコントロールできなくなってしまうのです。

睡眠は、大切な機能として心身の疲労回復をもたらすとともに、記憶を定着させる、免疫機能を強化するといった役割ももっています。よって睡眠状態を整えることは、脳機能のバランスを整えることにもなるのです。もっと言うと発達障害の症状は、睡眠を整えることで日常生活に馴染めるくらいまで改善する場合もあると考えられています。発達障害が完全になくなる、治るということではありません。日常生活とのバランスがとりやすくなるためにも、心身の健康のためにも睡眠はとても重要です。

睡眠障害でお困りの方は心理療法(認知行動療法、ゲシュタルト療法、再決断療法等からのアプローチがあります。
ご相談ください。
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
NLMデザイン (エルムデザイン)
HP:http://www.nlm-d.com/
メールアドレス:info@nlm-d.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ