まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
毛受誉子

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子(めんじょうたかこ)

株式会社愛知心理教育ラボ

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

コラム

大人の発達障害 その②

発達障害

2013年11月28日 / 2013年12月4日更新

 前回に引き続き、大人の発達障害の理解を深めていきたいと思います。

【発達障害はどうしておこる?】
 周りの理解と協力がある(支援、工夫、受容)場合は、社会生活にそれほど問題はないケースもあります。この場合は、たとえ発達障害の特徴があっても、障害と診断されません。一方で、周りの理解と協力がない(不理解、非難、二次障害、孤立)と発達障害と診断され、社会生活において問題を抱えてしまいます。
 そもそも、発達障害と断定されたとしても、目標はそれを「治す」ことではありません。障害であることを理解したうえで、社会生活を円滑に過ごすための対処法を身につけることによって、行動の特徴を修正していくのです。
 確かに、発達障害は精神科で扱われる疾患であり、精神障害の枠組みで障碍者福祉サービスを受ける事ができます。ただし、仮に発達障害が原因でも、障害年金の申請が却下されてしまう場合もあります。知的障碍者として庇護が受けられる人にくらべて、一見、定型発達者と区別がつきにくい発達障害への理解やサポートは、残念なことにまだまだ進んでいるとはいえません。

【取得できる障害者手帳の種類】
1.知的障害がある。
<療育手帳>
心身障害者総合相談所などで判定を受け取得する。知的障害者福祉法に基づいて、所得税・住民税などの控除が受けられる。また、自治体によっては公共施設の利用料金や交通期間料金の割引が受けられる。都道府県によって手帳の名称や様式が違う。

2.精神障害と合併
<精神障碍者福祉手帳>
住んでいる地区の保健所や保険センターなどに申請して取得する。発行する自治体によって受けられる支援の内容に差があるが、所得税控除、住民税控除、相続税控除など租税関連の優遇、自律支援医療費給付手続きの簡素化などの支援は共通して受けられる。障害者枠での雇用の対象となる。

3.発達障害のみ
手帳が取得できるようになってきた(現在はまだ過渡期)
障害者自治津支援法の対象となったが、まだまだ自治体によって対応がことなる状況が続く。

 発達障害だからと行って職場で働くことができないわけではありません。一緒に働いていくにはお互いの理解と環境を整えていくことが必要となります。
 判断や診断も大切ですがそれぞれの職場環境でどのように働いていくか、本人も会社も一緒に考えていきませんか?

働く人の発達障害についてのご相談はこちらへ
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
NLMデザイン (エルムデザイン)
HP:http://www.nlm-d.com/
メールアドレス:info@nlm-d.com
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

この記事を書いたプロ

毛受誉子

毛受誉子(めんじょうたかこ)

毛受誉子プロのその他のコンテンツ

Share

毛受誉子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-331-5506

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毛受誉子

株式会社愛知心理教育ラボ

担当毛受誉子(めんじょうたかこ)

地図・アクセス

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

毛受誉子プロのその他のコンテンツ