まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
舟橋朋範

”ひと・夢をはぐくむ家”をつくる一級建築士

舟橋朋範(ふなはしとものり)

株式会社 ナック建築計画

お電話での
お問い合わせ
0569-48-2084

舟橋朋範プロのコラム一覧:建物にまつわるいろいろな言葉をやさしく解説します

建物のやさしいことばシリーズ・・・やくざ 2建物のやさしいことばシリーズ・・・やくざ 2今年最後のシリーズはこれ!「はめ殺し」 物騒な言葉ですが、住宅に限らず建築関係者の間では頻雑に飛び交う用語で街でも開放的な建物ではいたるところで見受けられます。 外部でも...

建物のやさしいことばシリーズ・・・やくざ 1 「 首切り 」コラムから少し道草していたのは 首を切られたからではなく諸般の事情(便利な言葉です) 一時期世間を賑わしたこの言葉労基法も厳しくなり簡単にはできなくなった人減らし 最近はあまり表に出ずに水面下で動いているよう...

http://blog.nac-ap.jp/blog/nack/images/472081215131530-50811.jpg 4月から続けてきた「やさしいことば・・・人体シリーズ」もこの「頭」でおしまいです。”かしら”とも”あたま”とも使い、人体と同じで上で全体を仕切ります。 「頭貫(かしらぬき))」 普通の木造の家では登場する機...

http://blog.nac-ap.jp/blog/nack/images/472081201184103-84555.jpg 暗い世相をその眼力で見通す年にしたいと念じつつ久々の人体シリーズは「目」です。 比較的いろいろなところで比ゆ的に使われる文字ですが、建築の世界でもこんな感じで使われています。 「目透かし」 格式...

前回に続き「面」シリーズです。 瓢箪(ひょうたん) 匙(さじ  内丸(うちまる) うまいこと名前をつけたものです。 ごまがら?ごまを取った後の茎とはいうものの実感なし 止め  紐(ひも)はわかりやすいです。 蒲鉾(かまぼこ)もうすぐ正月でうまい蒲鉾を肴にい...

前回に続き「面」シリーズです。 「あの人は几帳面だ」という使い方をするこの言葉「 几帳面(きちょうめん)」 実はこんな手の込んだ面取りのことを言います。いろんなバリエーションがありますが”手が込んでいます” 少し丸みが入ると”坊主”がつきます。前々回の畳でも出場しました...

少しずつ上がってきた人体シリーズ いよいよ最終章へ近づき今回は「面(”つら”ではなく”めん”です)この言葉はこの世界では非常にバリエーションが多く数回に分けてお送りします。 「面ぞろ」まずはよくつかわれる使い方です。”ぞろ”というのは建築の世界では表面の高さが同じ(つらが...

人体シリーズも残すところあとわずか何やら年末みたいな雰囲気ですが無事 脱稿できますように! 「鼻」が分かりやすく、よく使われるのは「鼻隠し」 今建てられる木造のほとんどにありそうです。 軒の樋の後ろ側にひっそりと隠れています。 屋根を支える垂木(たるき)の木口(先...

久々のやさしいシリーズは「 口 」なにやら漢字をずっと眺めているとどうしてこれを「くち」と読むのか?「ろ」とも読めるし・・・ と悩むより頭とお尻に他の漢字をつければOK木口(”こぐち”と読みます) 文字通り切断した木の断面で材軸に直角方向の切断面を言います。 材軸に平...

やさしいことば・・・人体シリーズは「肘(ひじ)」 普通の建物ではあまり見かけませんが、お寺や神社の大きな扉の付け根にあります。その名も「肘壺丁番(ひじつぼちょうばん)」 今の木製建具と違ってすべて無垢の木そのもので作った建具はとても重くて、今よく見る薄い丁番ではとても...

今回の人体シリーズは「胴」 腹より上かどうかは不明であいまいですが建築の用語では明確です。この部分は「胴付」といい、木材と木材を組み合わせる所です。この部分の面積と平滑さが強度を決めます。 「いい仕事」はこんなところに現れます。 こんな細かい細工をするのが次の...

やさしいことば人体シリーズは「心」 前回の「袖」からついに中心部へ突入しました。 「心」を「しん」と読み,音読みだけならいくつかの候補を擁する建築の用語もこのひとつ! 「心割れ」 木の木口(こぐち)で中心部から放射線状に入ったひび割れです。 写真のように幾筋かの放射状に...

やさしいことばシリーズは「袖(そで)」”袖触れ合うも・・・””袖の下”とか使われるこの言葉も建築では、”端の方”とか”短い”というような意味合いで使われます。 袖瓦(そでかわら) 昔の家は瓦を葺く(載せるとか打ち付けるとは言わず”ふく”と言います)時に台風で揺れるのを恐れてたっぷ...

保育園がお寺さんだったせいか、よく本堂の廻りの回廊の下に潜り込んでかくれんぼをしました。その時の記憶がずっと残っていて、社寺建築の設計にかかわらさせていただいたときに思い出しました。その名も「亀腹(かめばら)」 社寺建築で外壁下端(したばと読み一番下の部分です)か...

やさしいことば・・・人体シリーズの3回目は「腰」 建築のいろいろな部分でその位置(人体でいう腰のあたり)の似通った部材、部分の頭につけて表現します。 動物シリーズとは違ってわかりやすい使い方が多いのが人体シリーズの特徴です。 屋根の腰部分が折れていれば「腰折れ屋根(別名...

舟橋朋範プロのその他のコンテンツ

Share

舟橋朋範プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0569-48-2084

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舟橋朋範

株式会社 ナック建築計画

担当舟橋朋範(ふなはしとものり)

地図・アクセス

舟橋朋範プロのその他のコンテンツ