まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
舟橋朋範

”ひと・夢をはぐくむ家”をつくる一級建築士

舟橋朋範(ふなはしとものり)

株式会社 ナック建築計画

お電話での
お問い合わせ
0569-48-2084

コラム

外壁の通気

夫婦水入らずの家

2017年4月7日

断熱材を張ったら次は外壁材です。

最近の外壁材で多いのはサイディング

いろいろなデザインやパターンがあり、さらに材料による区分で金属系と窯業系2種類があります。

どちらも一長一短がありますが、小生がお勧めするのは金属系サイディング

窯業系の宿命である継手のシーリング(材料の継ぎ目のゴムみたいなもの)の劣化が外壁材料そのものの劣化より早く

建物のメンテナンスで特に嫌われる”道ずれ工事(寿命の短いものに引きずられて、仮設、施工の都合上やむを得ずやら直しせざるを得ない工事)”

を引き起こす可能性が高いのが窯業系の難点です。

シーリング材は便利ですが、2面接着等、理にかなった施工をしないとすぐ不備が出ます。(→雨漏りの原因になります)

外壁材は問題ないのに継ぎ目のシーリング部から雨が入り、やむなく全面足場をかけてシーリングを打ち直すのは何ともやり切れません。

さて今回は施主に進言して採用となった金属系サイディング

断熱材が裏打ちされた耐候性の長い金属でできた外壁材です。

断熱材の上に遮熱通気防水シートを張ったのち外壁材を施工するのに”密着させず”に空気の通る隙間をあけて施工するのが”通気工法”

外壁材から入った雨水を下に流し、部屋内部からの余分な湿気は上に逃がします。



外壁材の足元の空気の通る穴



下から上に空気が通る道の確保(銀色のシートの上に縦に取り付けた木(胴縁)の間を空気が通ります)

その空気の通り道がきちんと確保されているのかを外壁材の足元や上を確認します。
詳細を確認したら全体を確認します。

     ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ 
計画する前の[[家相図 http://www.nac-ap.jp/cathand/list-14474-0-0-0.html]はこちら

建てる前の確認[[完成予想図http://www.nac-ap.jp/idea.htmlはこちら
     ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ 

この記事を書いたプロ

舟橋朋範

舟橋朋範(ふなはしとものり)

関連するコラム

舟橋朋範プロのその他のコンテンツ

Share

舟橋朋範プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0569-48-2084

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舟橋朋範

株式会社 ナック建築計画

担当舟橋朋範(ふなはしとものり)

地図・アクセス

舟橋朋範プロのその他のコンテンツ