マイベストプロ愛知
川嶌守

家づくりをイチから支援する「お客様とともに建てる」建築家

川嶌守(かわしままもる) / 一級建築士

川島建築事務所

コラム

素材

2022年5月13日

コラムカテゴリ:住宅・建物

建築の設計の仕事をしていると仕上げの材料を何にしようか、どのような仕上がりにしようかと考え悩みます。プランニングの段階で建物のイメージが固まっている場合は比較的早く使う材料は決まってくるがそうでない場合は建物のデザインが決まるまで決まらないことが多い、デザインだけでなく全体の予算によっても何を使うかは違ってくる。美しく仕上げるのか、質感を重視した建物にするのかによっても違ってくる、素材感を出そうと思うと自ずと質感重視の仕上げになり古くなっても美しい建物は素材を重視しています。建築は文化であるという視点から眺めると素材を選ぶことは大事なことであるといえます。古くなってもモダンである、何百年経っても美しい、これが侘びの精神に通じている。「侘び」について茶の湯の第一人者武野紹は千利休に「正直で慎み深く奢らぬよう」と教えられたと聞いています。今の世の中は偽物が多くなった、経済を背景とするお金を背景にしているのが建築材料、精神を背景にしているのが素材なのかなと思います。昔は道楽普請という言葉がありました、そのような価値観の施主が大工の棟梁や匠たちに素材に拘った建物を作らせたそんな時代がありました。建築家としては羨ましい限りです。道楽普請の施主に出会ってみたいものです。

この記事を書いたプロ

川嶌守

家づくりをイチから支援する「お客様とともに建てる」建築家

川嶌守(川島建築事務所)

Share

川嶌守プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-774-8615

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川嶌守

川島建築事務所

担当川嶌守(かわしままもる)

地図・アクセス

川嶌守のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

川嶌守プロのコンテンツ