マイベストプロ愛知
松尾益秀

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート

松尾益秀(まつおみつひで)

T.M.P.

コラム

中小零細企業のマーケティングについて⑤ 商品が売れる過程

2019年7月7日 公開 / 2019年7月16日更新

テーマ:中小零細企業のマーケティング

商品やサービスが売れる過程、プロセスについての解説をします。
ものすごく簡単に説明している「5つのA」という考え方があります。
●Aware(認知)
●Ask(調査)
●Appeal(訴求)
●Act(購入)
●Advocate(推奨)
この5つです。

まず、Aware(認知)
知っているということです。
そもそも知らないと買ってもらえませんので
最初のプロセスは知ることになります。

Ask(調査)
知っている商品をさらに知るために調査をすることです。
より深く知ることによって欲しいものかどうかを吟味します。

Appeal(訴求)
商品をアピールすることによって
より欲しいと思ってもらいます。

Act(購入)
欲しいと思った見込み客が購入します。
ここで見込み客から顧客になります。

Advocate(推奨)
顧客が購入した商品を人に紹介して拡散することです。

以上が「5つのA」になります。
このプロセスでものが売れるので
これを知っていることで、どのプロセスにどういったアプローチをするのか
ということがマーケティング活動と言えます。

大企業の場合、企業の名前や何を取り扱っているのかということは
ある程度認知されていますし、認知させることに
お金や人材をある程度使うことができます。

中小零細企業にとっては
多くの場合、誰も知らない状態からのスタートとなります。
お金や人材も限られていますので
Aware(認知)のプロセスにいかにコストをかけずに
より多くの効果を上げるのかが勝負となります。

以上が「5つのA」の説明でした。

次回は集客と広告についての解説になります。

小さな会社のための
まちのデザインやさん
T.M.P. ティーエムピー
◎ホームページ https://www.designyasan.com

ご質問・ご意見・ご相談などはメールでいつでもOKです。
Email : matsuo@designyasan.com

この記事を書いたプロ

松尾益秀

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート

松尾益秀(T.M.P.)

Share
関連するコラム