マイベストプロ愛知
丸山泰輔

多彩なデザインを生み出すクリエイティブディレクター

丸山泰輔(まるやまたいすけ) / クリエイティブディレクター

アートコンサルタント丸山事務所

丸山泰輔プロのご紹介

感性と商業的センスのバランスで、多彩なジャンルのデザインを行う(1/3)

多彩なデザインを生み出すクリエイティブディレクター丸山泰輔さん

和菓子のパッケージなど和モダンの揮毫とイベントブースデザインに強み

 アートコンサルタント丸山事務所の丸山泰輔さんは、多様なジャンルのデザイン、プロモーションを手がけるクリエイティブディレクター。拠点は名古屋で、首都圏、中部を中心に活動しています。企業・地域ブランディング、各種商品プロモーションとそれに関わるデザイン制作、イベントブースデザイン、プロダクトデザイン、揮毫および揮毫によるパッケージデザインなど、幅広く活躍。アートコンサルタントとして、名古屋の老舗和菓子店などで、パッケージデザインから看板デザイン、店頭プロモーションまで、一括してコンサルティングも行っています。
 花卉(かき)業界に強く、花や植物のプロモーション展開、イベントブースデザインや花と植物の販売用ワゴンのデザインおよび製作、中央市場の仲卸組合向けエプロンデザインなどを手がけてきました。

 多様なジャンルの仕事の中でも、得意とするのは、揮毫です。和菓子のパッケージ、料亭の看板、お品書き、進物用の毛筆など、さまざまな用途で筆文字を書きます。福島に関連した商品では、パッケージ、文字デザインとともに、インスピレーションにまかせて「きたのほむら」という名前も考案。バリエーションとして、墨絵に彩色を施す、水彩画も描きます。丸山さんの字には、人の手による温かさ、優しさなど、心を動かすものがあり、PCの筆文字風フォントで作った文字とは、一線を画します。

「書家との違いは、顧客のニーズに合わせて文字を書くところ。制約のある中で、商品の魅力を最大限に引き出す文字を考えるのが私の仕事です。例えば、まんじゅうならまんじゅうらしさを書体で表現。食べてみたくなる字、手にとってみたくなる字を頭の中で考えながら、表現していきます。パッケージデザインと文字と込みでデザインすることも可能です」

 感性と商業的センスのバランスが取れているところが、丸山さんの強みでもあります。デザインする上で、丸山さんが大事にしているのは、「集客」や「売上増」につながること。オファーが多いというイベントブースのデザインでは、「花卉、農業、医療、IT関連など、どんな業種であっても、まずプロモーションであることを第一に、コストバランスを考えながら、“売れる環境”を作ることを重視します」

 これまで、100件以上を手がけ、農水省やJAなどの依頼で、ドイツやオランダなど海外への出展経験もあります。

Share

丸山泰輔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-710-0984

 

携帯電話:090-3467-6649

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

丸山泰輔

アートコンサルタント丸山事務所

担当丸山泰輔(まるやまたいすけ)

地図・アクセス

丸山泰輔プロのコンテンツ