まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
小林将人

繁盛店をつくるデザイナー

小林将人(こばやしまさと)

LOGUE-ONE(ローグワン)

お電話での
お問い合わせ
052-613-1021

コラム

飲食店のデザインで絶対気をつける事 「1 コンセプトを具現化する」

店舗デザイン

2018年4月9日

店舗デザイン設計事務所のLOGUE-ONEです。
今回から店舗を作るにあたって気をつけておいた方がよい事を業種別にデザインの観点からお伝えしていこうと思います。

飲食店で抑えておきたいポイントは4つ。

・コンセプトを具現化する
・動線
・立地条件
・目線





「 コンセプトを具現化する 」

木をたくさん使って自然の様な雰囲気にしたい、高級感があって落ち着いた感じにしたいなど、作り上げたいお店のイメージがみなさんあるかと思います。
そのイメージがあると次にほとんどの方が参考になる店を見に行ったりインターネットや雑誌などで似たお店とか建物を探します。
この扉がかっこいい、この壁の感じが自分のイメージに合ってるとか。
そこで見つけたモノを全部取り入れて真似して作ってみるとあら不思議!
ヘンテコなお店の完成です!!(絶対ではなく可能性が高いということです。)
なぜそうなるかというとバランスが取れていないから。
1つ1つを見るとイメージと合っているはずなのに組み合わせるとまた違った風に見えてしまいます。

服のコーディネートを思い浮かべて頂ければわかりやすいと思います。
髪型、シャツ、コート、ズボン、アクセサリー、カバン、靴など全部が組み合わさってコーディネートです。
いくら高級ブランドで身をくるんだとしても組み合わせが悪いとダサいと言われてしまいますよね。

そうならない為に服ならスタイリストさん、お店づくりならデザイナーがいます。
よく間違えられるのですが、なにもオシャレなデザインをする事だけがデザイナーではありません。
オシャレにする事は当たり前!!

お店に来て頂いたお客様にいかにアピールするか。伝えられるか。
オーナー様がお客様に提供したいと思っている「空間」をいかに堪能して頂くか。
こういった事をデザイナーは考えながらお店のデザインを作っているのです。

ご自身でデザインされてお店を作っていくのであれば、モノを見るのではなく、「空間」としてどういうことをお客さんに伝えたいのだろう?と考えながら参考にされるといいかと思います。


もしそういうの苦手だなっと思ったらいつでも弊社にご連絡下さい!
ご相談はいつでも無料でしております。
お気軽にお問合せ下さい。

店舗デザイン設計事務所 LOGUE-ONE
繁盛店プレゼンターこと寺本高明より

この記事を書いたプロ

小林将人

小林将人(こばやしまさと)

小林将人プロのその他のコンテンツ

Share

小林将人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-613-1021

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林将人

LOGUE-ONE(ローグワン)

担当小林将人(こばやしまさと)

地図・アクセス

小林将人プロのその他のコンテンツ