まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
佐々木淳行

障がい者雇用・在宅勤務制度に強い社会保険労務士

佐々木淳行(ささきあつゆき)

リブレ社会保険労務コンサルティング

佐々木淳行プロのご紹介

障がいのある人でも、能力を生かして働ける環境を創出(2/3)

障がいのある人でも、能力を生かして働ける環境を創出

“寝たきり社長”との出会いから学んだ、社会保険労務士としての使命

 そんな佐々木さんが障がい者の雇用に力を入れようと強く思ったのは、"寝たきり社長"として知られるウェブサイト名刺制作会社「仙拓」社長の佐藤仙務(ひさむ)さんとの出会いにありました。

 佐々木さんは18年間、会社員として働きながら、2012年に社会保険労務士試験に合格。開業準備をしている2013年春、新聞で寝たきりでありながらも、同じく障害のある幼馴なじみとともに起業した佐藤社長の存在を知ります。障がいがありながらも、自分の可能性を信じ、チャレンジする佐藤社長と直接話してみたいと思った佐々木さんからコンタクトを取り、二人の交流は始まりました。

 この交流が縁となり、「仙拓」はリブレ社会保険労務コンサルティングのホームページや佐々木さんの名刺を制作。そんな中、佐藤社長はインターネットで知り合った同じく障がいのある大阪府東大阪市の男性と在宅勤務の雇用契約の締結を、佐々木さんに依頼したのです。この出来事は新聞にも紹介されるなど、大きな反響となりました。

 力強く生きる佐藤社長の姿そして、適切な環境があれば障がい者でも意欲をもって働くことができるということにあらためて感銘を受けた佐々木さん。「社会保険労務士である自分が社会に貢献できるかたちだ」と確信した瞬間でした。

佐々木淳行プロのその他のコンテンツ

Share

佐々木淳行プロのその他のコンテンツ