まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
佐々木淳行

障がい者雇用・在宅勤務制度に強い社会保険労務士

佐々木淳行(ささきあつゆき)

リブレ社会保険労務コンサルティング

佐々木淳行プロのコラム一覧:障がい者雇用・就労支援/障害年金

平成28年に障害者職業総合センター(独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構)の調査研究に協力し、この度、『採用後障害者の職場復帰の現状と対応に関する研究』として報告書に取りまとめられました。 調査・研究に協力したテーマ □中小企業における復職支援へのアドバイスの状況□復...

『改正障害者雇用促進法への対応について』と題したセミナーで講師を務めます。【講義内容】1.改正障害者雇用促進法への対応~「障害者に対する差別禁止」への対応~「合理的配慮の提供義務」への対応2.募集・採用時のポイント3.定着に向けた雇用管理上のポイント

愛知県経営者協会主催 障害者雇用セミナー『改正障害者雇用促進法への対応』~精神障害者の雇用を見据えた実務対応のポイントを解説~改正障害者雇用促進法が平成28年4月1日より施行され、企業は雇用する障害者に対する差別禁止、合理的配慮の提供義務への対応を求められるようになりました...

障がい者就労移行支援事業所『あるく』の主催で、若年者・学生向けの就職セミナーが開催されます。<対象> 学生(大学・短大・専門学校)または就職活動中の20代の方■上手くコミュニケーションが取れずに悩んでいる方■なかなか仕事が見つからずに困っている方■就職活動を始めたいけど...

株式会社日本法令が発行する、人事・労務分野の実務雑誌『ビジネスガイド』の2016年3月号において、執筆記事が掲載されています。「改正障害者雇用促進法の施行と、これからの障害者雇用を見据えた実務対応のポイント」と題し、下記の内容で8ページほど解説記事を書きました。【企業...

 特例子会社とは? 障害者雇用促進法における障害者雇用率制度においては、法定雇用率以上の障がい者を雇用することは個々の事業主ごとに義務付けられています。一般的な「親会社」及び「子会社」に対しては、それぞれに雇用義務が課されることになります。ただし、事業主が障がい者の雇用...

 発達障害とは?~一般的な障害特性を理解する~ 発達障害とは、通常低年齢において症状が発現する脳機能の障害のことをいい、自閉症スペクトラム(自閉症・アスペルガー症候群)、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などがあります。アスペルガー症候群は、高機能自閉症とも呼ばれま...

前回のコラムでは、平成28年4月から施行される改正障害者雇用促進法の内容のうち、「障がい者に対する差別の禁止」について取り上げました。 「雇用分野における障がい者に対する差別の禁止とは?」今回は、もう一つの重要な改正内容である「合理的配慮の提供義務」について取り上げます。...

平成28年4月から、改正障害者雇用促進法が施行されます。「障がい者に対する差別の禁止」と「合理的配慮の提供義務」。法改正により、雇用する障がい者に対するこの二つの対応が企業に求められることになります。■「障がい者に対する差別の禁止」とは?それでは、禁止される差別とはどのよう...

7月13日(月)に日本経営協会主催で行われたセミナー、「人事担当者のための精神障がい者の採用・受入準備のポイント」にて講師としてお呼びいただきました。当日は、企業の人事担当の方から九州、四国など遠方の自治体担当者様までご参加いただき、このテーマの関心の高さに改めて驚いて...

2015年7月13日、一般社団法人日本経営協会の主催により、精神障がい者・発達障がい者の雇用をテーマとしたセミナーが開催されます。企業、行政・自治体担当者向けのセミナーです。【セミナー名】人事担当者のための、精神障がい者の採用・受入準備のポイント【開催日時】2...

今年の4月から対象企業が拡大される障害者雇用納付金制度。現行では、「常時雇用労働者数が200人超の企業」が対象ですが、それが「常時雇用労働者数が100人超の企業」まで対象範囲が広がることになります。この納付金制度の対象範囲に含まれることにより、障がい者の法定雇用率(2.0%...

【最終更新日:2015.10.27】 気分障害と統合失調症 障害者雇用促進法の改正により、2018年度からは障がい者法定雇用率の算定基礎の対象に新たに精神障がい者が追加されることになり、法定雇用率も引き上げられることになります。また、ここ10年で精神障がい者の新規求職申込件数、就職...

 平成17年に施行された発達障害者支援法において、『発達障害』とは、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」と定義されています。当然のことながら、法律で...

 障がい者雇用を進めようとしている企業の経営者や人事担当者においては、採用活動から雇用管理の仕方まで様々な不安や悩みを抱えていることと思います。その中でよく耳にするのは、「障がい者にどのような仕事に従事してもらえばいいか」「自分の会社では障がい者が従事できる仕事が見当たらない...

佐々木淳行プロのその他のコンテンツ

Share

佐々木淳行のソーシャルメディア

facebook
Facebook

佐々木淳行プロのその他のコンテンツ