マイベストプロ愛知
喜多静夫

中小企業の利益につながる特許権や商標権取得を導く専門家

喜多静夫(きたしずお) / 弁理士

新名古屋特許商標事務所

喜多静夫プロのご紹介

品質と価格にこだわり、中小企業の特許・商標・意匠出願をサポート(1/3)

喜多静夫 きたしずお

豊富な実績をもとに、利益につながる権利取得を提案

 「特許の出願は誰がやっても同じ結果にはなりません」と話すのは、名古屋市にある「新名古屋特許商標事務所」代表の喜多静夫さん。弁理士としての豊富な実績をもとに、中小企業や個人事業主をサポートしています。

 知的財産権の一つである特許は、技術などの発明を保護する制度。ほかに、デザインを保護する意匠、ブランド名やマークなどを保護する商標などがあります。いずれも特許庁に出願し、審査を経て権利化されます。

 特許の出願では、詳しい技術内容や、権利化したい技術の範囲を示す「特許請求の範囲」などを記載した明細書を作成します。喜多さんは、機械・自動車分野を中心に、これまで600件以上の明細書を作成した経験に基づき、高品質な明細書作成にこだわっています。

 「特許請求の範囲の書き方一つで、権利は広くも狭くもなります。利益につながるよう、少しでも広い範囲で権利を獲得できるように提案します」

 審査の結果、拒絶理由が発見され、そのままでは特許されない場合でも、出願後に「特許請求の範囲」の内容を変更する「補正」が可能です。とはいえ、出願時の明細書に記載がない内容を後から追加することはできません。喜多さんは、後々の補正まで見通し、さまざまな要素を盛り込み権利化の実現を導きます。

 明細書の品質を高めるためには、綿密な打ち合わせが大切です。多角的に発明を解釈し、発明者自身が気付いていない視点から提案することも。「明細書の内容をいかに充実させるかが腕の見せ所です。発明した本人から『すごい』と評価されるとうれしいですね」

Share

喜多静夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1296-5979

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

喜多静夫

新名古屋特許商標事務所

担当喜多静夫(きたしずお)

地図・アクセス

喜多静夫プロのコンテンツ