まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
木村泰長

明朗な価格設定で墓石を販売するお墓アドバイザー

木村泰長(きむらやすなが)

石のきむら

お電話での
お問い合わせ
0120-52-1244

コラム

お墓のお掃除教えます。プロが教えるお墓のお掃除のポイント③彫刻文字の色入れ その1

お墓のお手入れ

2015年2月17日 / 2015年2月20日更新

 三寒四温が続き、天気が不安定な季節に入りました。
暦の上では、もう春ですが、あのポカポカと気持ちのよい季節には、もう少し時間がかかりそうです。

そして、来月は、春のお彼岸となります。
三月十八日にお彼岸入りとなり、二十四日にお彼岸明けとなります。 

「彼岸」の本来の意味は、七日間にわたって行われる法会(彼岸会)のことで、この頃になると、
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉どおり、しのぎやすい季節になります。

また、「彼岸」の名称は、仏典の到彼岸(波羅蜜多という梵語の漢訳)からきていると言われていますが、
その意味は、この現実世界から、煩悩を解脱し、理想の涅槃の世界へ行く、という意味だそうです。
(現実=此岸・しがん 涅槃=彼岸・ひがん)


 さて、今回は、前回の「文字のお掃除」で、綺麗になった彫刻文字に、色を入れる方法をご案内します。

私達のような業者でも、色々な方法で色入れをしていますので、どれが一番良いのかは、わかりませんが、今回のご案内は、ご自身でお墓のお手入れをして頂くための、参考としてご覧頂ければと思います。



 使用する塗料は違うかもしれませんが(業者でも、同じ塗料を使っているところもあるようなので、ご安心下さい。)、手順は、同じです。
石材がツルツルの鏡面仕上げでない場合や、鏡面仕上げであっても御影石(花崗岩)以外の場合は、塗料が染みこんでしまう事がありますので、充分注意して下さい。

お天気のいい日に、お弁当持参で、のんびりお墓にお化粧をしてあげれば、色を入れるだけでも見違える様に、なります。



 でも、あくまで自己責任でお願いします。



 では、始めたいと思います。


まず、揃える道具ですが、ホームセンターで購入可能な物ばかりですが、代用品として使えそうなものが

あれば、それで良いと思います。


ステップ① 道具

1) ブラシ 古い塗料を剥がします。

お墓 文字入れ



2) 養生テープに紙テープ

お墓 文字入れ


3) 筆  色入れに使用します。

お墓 文字入れ


4) ラッカー塗料 絶対に必要です。

お墓 文字入れ


5) スクレーパー 余分な塗料を取り除きます。
 この、スクレーパーをお持ちの場合、「刃」だけは新品に取り替えて下さい。ココが、コツでもあります。

お墓 文字入れ


 さて、道具が揃いましたら、いよいよ作業に取り掛かりますが、

掲載写真の枚数制限の都合上、作業手順は、その2で、ご案内します。

下記でも、詳細をご案内してますので、よろしければ御覧ください。





お墓の彫刻文字に、色を入れる方法

この記事を書いたプロ

木村泰長

木村泰長(きむらやすなが)

木村泰長プロのその他のコンテンツ

Share

木村泰長プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-52-1244

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村泰長

石のきむら

担当木村泰長(きむらやすなが)

地図・アクセス

木村泰長のソーシャルメディア

rss
ブログ 石屋の本音の裏話
2018-08-03

木村泰長のソーシャルメディア

rss
ブログ 石屋の本音の裏話
2018-08-03

木村泰長プロのその他のコンテンツ