まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
木村泰長

明朗な価格設定で墓石を販売するお墓アドバイザー

木村泰長(きむらやすなが)

石のきむら

お電話での
お問い合わせ
0120-52-1244

コラム

お墓のお掃除教えます。プロが教えるお墓のお掃除のポイント②彫刻文字のお掃除

お墓のお手入れ

2014年12月14日 / 2015年2月17日更新

今回は、お墓の「彫刻文字」の内部のお掃除について.。






彫った文字の奥のお掃除は、歯ブラシを使ったり、色々と工夫をされている事だと思います。

でも最近は、ホームセンターなどで、先の尖ったブラシも売っていますので、出来ればそういった

ブラシを購入されるのが良いと思いますが、使い古した歯ブラシでも構いません。

歯ブラシの場合は、ブラシの先が跳ね上がってる位、使い古したのがあれば、そちらのほうが

汚れをかき出しやすいでしょう。





それでは、手順のご説明です。

まずは、ブラシを使って、彫刻内部の汚れを取り除きます。

奥の方にある汚れですが、よくある「蜘蛛の巣」は、「爪楊枝」を使うと、楽に取れます。

これ、結構有効です。お試し下さい。





次に、汚れを取り除いたら、彫刻内部を洗浄します。

この時に、「霧吹き」を使いますが、水の出方が調整出来るタイプの物にして下さい。






ここで、ポイントです。

霧吹きから水が、「ピュー」っと出る様に調整をして、吹きかけた水が、跳ね返って自分に

かからないように、タオルでガードして、洗浄して下さい。

ガードしないと、結構、汚れた水が「ビシャ」っと掛かります。





洗浄が済んだら、後は固めに絞ったタオルで「タタキ仕上げ拭き」をして、完了です。


もう少し、詳しい説明がご希望の場合は、「石屋の本音」ブログでどうぞ。


 ご参考になったでしょうか。


まとめます。第二回目のポイント。

①歯ブラシ又は、お掃除用のブラシと、霧吹き、爪楊枝、タオルを用意します。
②奥の汚れは、爪楊枝で。
③霧吹きで、水を掛ける時は、タオルでガード。
 
お疲れ様でした。

次回は、「剥がれた文字の色入れの方法」です。


ご閲覧ありがとうございました。  木村



石屋のブログ 本音の裏話

この記事を書いたプロ

木村泰長

木村泰長(きむらやすなが)

木村泰長プロのその他のコンテンツ

Share

木村泰長プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-52-1244

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村泰長

石のきむら

担当木村泰長(きむらやすなが)

地図・アクセス

木村泰長のソーシャルメディア

rss
ブログ 石屋の本音の裏話
2018-08-03

木村泰長のソーシャルメディア

rss
ブログ 石屋の本音の裏話
2018-08-03

木村泰長プロのその他のコンテンツ