まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
尾崎辰生

成果にこだわる加圧トレーニングインストラクター

尾崎辰生(おざきたつお)

加圧スタジオ・カシオペア

コラム

中学生時期 発育成長&スポーツ選手強化  ≪ 加圧トレーニング 名東区 カシオペア 》

運動編

2014年9月22日 / 2017年6月9日更新

中学生時 発育成長・スポーツ選手強化




中学生時期に指導で大切なこと

身長の伸びが様々なスポーツ競技に背の高さは優位になる競技は多いです。

この中学の頃は見た目の身長、呼吸・循環器系の著しく伸びてピーク時になります。

この時期に持久力アップとケガの防止になる柔軟性アップを目指すとよいです。

トレーニングで有酸素運動系を多めに取り入れることにより、呼吸系がシッカリ身に付き、

レース・試合において辛い時期を最後までやりきれる粘り強さが身に付きます。
また、柔軟性を上げることによりケガへの防止になる。

─────────────────────────────────────

◆コラム 全米で体重管理 4大成功の秘訣
体力UP&食事の内容の大切さが、思わぬ発見が
http://mbp-aichi.com/kaatsu/column/500

◆コラム 
不確定の食品成分・食生活の乱れで健康になれるのか?(2)
http://mbp-aichi.com/kaatsu/column/745/

◆食事も大切ですが、
脂肪を削減効果の成長ホルモンを分泌する
☆☆ 加圧トレーニングは理想のボディーへの近道 ☆☆
加圧スタジオ・カシオペア プロフィール
http://mbp-aichi.com/kaatsu/detail/
─────────────────────────────────────

成長期の骨成長のメカニズム




骨の成長には骨端線が身長の伸びにが左右されます。

骨端線の場所は長骨の両端部分にある骨幹と骨端の境目部分にあり、

成長期の子供の場合は、この骨端線部分に間隔が開いている点が重要です。

骨端線の部分組織は軟骨で生成され骨端軟骨といいます。

骨端軟骨組織は、成長期になると骨の内部で活発に増殖しながら

骨の成長には栄養素を取り込んで骨へと少しずつ変化していきます。

骨端線のある時期に成長ホルモンを分泌多い時期に背が伸びます。
.


 ☆☆男性:17歳から20歳で消滅☆☆
【速い方で高校2年程度で背の伸びが鈍化】


 ☆☆女性:15歳から18歳で消滅 ☆☆
【速い方で中学3年程度で背の伸びが鈍化】】


☆━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆
◆予約 お問い合わせ
名古屋市名東区藤が丘駅 徒歩2~3分
◆◆◆加圧スタジオ・カシオペア◆◆◆
☆☆名古屋市名東区藤が丘132☆☆
Tel 050-3027-1840
☆━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆

成長ホルモンが分泌作用


・骨の成長・・・骨端軟骨組織の骨細胞の分裂・増殖作用を促し。骨の伸長させる。

・筋肉の成長・・・充分なタンパク質(肉・魚)を摂取することによって、タンパク質の合成を促進
.
このメカニズムより、筋力アップ系を主眼にするのは、高校生からがよいでしょう。

なぜなら筋力に伝わる神経系の電気信号の頻度・強度が高まる時期に身につくと年齢到達時期に効果が出てきます。



臓器年齢別発育グラフ

中学生の身体の動かし方を身に付ける時期の身体神経が充実する時期

よって負担の少ない、

・正しい低負荷の筋力トレーニング

・柔軟性アップ

身体神経が充実期で怪我に強い低負荷のトレーニングを行うとよいです。

その点加圧トレーニングが最適です。

☆━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆
◆加圧トレーニングのご予約・お問い合せ
(予約は第3希望までご記入下さい)
   https://mbp-aichi.com/kaatsu/inquiry/personal/

中高生の発育に 競技チーム強化に
身体機能。持久力 アップ
 
加圧トレーニングウェア S/M/L 男女共揃ってます

名古屋市名東区藤が丘駅 徒歩2~3分
◆◆◆加圧スタジオ・カシオペア◆◆◆
☆☆名古屋市名東区藤が丘132☆☆
Tel 052-977-4946
☆━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥☆

+++++ご案内先+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
加圧トスタジオ・カシオペア
名古屋市名東区藤が丘駅2分
 ☎052-977-4946
【[[加圧トレーニング 名古屋 カシオペア】 WEB検索
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この記事を書いたプロ

尾崎辰生

尾崎辰生(おざきたつお)

尾崎辰生プロのその他のコンテンツ

Share