まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
木幡聡則

住宅の塗り替えに強い一級塗装技能士

木幡聡則(こわたあきのり)

はろーぺいんと

お電話での
お問い合わせ
0120-539-860

コラム

ご自分で塗り替えをされる場合のコツをお話しします

2013年5月10日

ご相談を受け、ご自宅を訪問すると、お客様がご自分で塗り替えをされた部分を拝見することがあります。選ぶ塗料を間違えてしまっている例が、残念ながら多く見受けられます。

塗り替えられている箇所として多いのが、物置や雨戸です。これら鉄製素材の物には、油性の塗料を選んでください。

そして、塗る前に大事なのが下地処理です。下地処理から上塗りまでの手順を簡単にお話しします。


①まず洗浄してほこりを落とします。

②乾燥後、表面にサンドペーパーをかけ、ならします。表面の塗装がはがれかかっていたら、きれいにはがしてしまいましょう。表面を傷つけることで、塗料が密着する効果が高まります。

③サンドペーパーで出た細かいほこりを掃きます。

④マスキングテープで塗らない面を保護します。

⑤鉄素材の場合は油性の錆び止めの塗料を塗ります。

⑥その後1回目の上塗りをします。薄め液が市販されていますので、塗料缶に指示されている割合で塗料を希釈してから塗り始めましょう。こってりつけずによく伸ばします。狭い部分はハケで、広い面はローラーで、と道具を使い分けると仕上がりがきれいになります。

⑦2回目の上塗りは、1回目の塗装から数時間後、表面を手で触って乾いていることを確認してから行って下さい。塗った直後は表面がつやつやしていますが、乾いて来るとそのつやが少し落ちてきます。希釈することは1回目と同様です。


庭のラティスやウッドデッキ、棚など、木製素材の物を塗る時は防腐剤塗料がよいでしょう。下塗りの塗料は塗る必要がありません。

防腐剤塗料には、予め防腐剤や防虫剤が入っていますし、浸透性があり、着色しても木目が出る仕上がりとなります。ウッドデッキは劣化が早いので、3年ごとの塗り替えをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■はろーぺいんと
愛知県名古屋市緑区篠の風1-924
TEL:0037-6060-70304(無料通話)
ホームページはコチラ
http://hellopaint.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

木幡聡則

木幡聡則(こわたあきのり)

木幡聡則プロのその他のコンテンツ

Share

木幡聡則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-539-860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木幡聡則

はろーぺいんと

担当木幡聡則(こわたあきのり)

地図・アクセス

木幡聡則プロのその他のコンテンツ