まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
篠田亨至

心地よい暮らしを提案するオーダーカーテンと風水のアドバイザー

篠田亨至(しのだこうじ)

有限会社インテリアクレール

コラム

冬の防寒対策は足元の冷えから考える

その他

2018年10月26日











部屋が寒いその理由は、
窓から暖房熱が逃げている!
かです。



窓の対策方法は紹介しましたが、
考えるカーテン番外編として、
床の防寒対策も紹介します。




住宅の床と言えばフローリング!
いまでは定着した住環境ですが、
昔は畳かカーペットでした。



座って生活する日本人には、
ごろんと寝転がれる畳か、
カーペットが良かったのです。



ところがカーペットはダニの温床!
という世間の風評被害に遭って、
今のフローリングに変わりました。



ところがフローリングに変わって、
新たな問題も起きています。



アレルギー性の、鼻炎や喘息です。



原因は床の上の埃が風で舞い上がり、
それを人が吸い込んで発症します。



掃除をこまめにしても部屋の隅や、
家具の後ろや手の届かない場所は、
埃が残ったままです。



もし室内で喘息などお悩みでしたら、
床一面カーペット敷きにすると、
症状を緩和できるかもしれません。



カーペットのある暮らしですが、
徐々に見直されてきました。



床暖房の上に敷き詰めることで、
ごろんと寝転がっても柔らかく、
暖かいので人気なんですね。



寝室にもカーペットを敷き詰めると、
とても心地よい空間になります。



お休み前は暖房を入れていますが、
就寝時は暖房熱は床で冷やされ、
空気も冷たくなってしまいます。



寝室は日中の疲れを取り去り、
明日への英気を養う大切な場所。
床の防寒対策は必須のお部屋です。



カーペットを床に敷きつめると、
夏は暑苦しくないかと聞かれます。



ご心配ならウールカーペットでしたら、
夏涼しく冬暖かい性質があり、
どなたにもお勧めできる素材です。



人間の髪の毛と同様に羊の毛にも
キューティクルがあります。



梅雨の湿度が高い時は湿気を吸い、
乾燥すると放出して調節したり、
夏はエアコンの冷たい空気を
キューティクルが取り込むので、
表面はヒンヤリしているのです。



現代はダニ対策も万全ですので、
こまめに掃除を徹底されれば、
さほど心配はありません。



部屋にカーペットを敷くことで、
ラグジュアリーな空間に変わり、
至極の空間造りには欠かせない、
アイテムと心得てください。



カーペット通販クレール
https://www.carpetshop.jp/

暑い!寒い!眩しい!うるさい!見られてる!
窓辺の困りごとは高機能カーテンで解決できます。
お急ぎのご相談はLINEからどうぞ!

この記事を書いたプロ

篠田亨至

篠田亨至(しのだこうじ)

篠田亨至プロのその他のコンテンツ

Share

篠田亨至のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-10-17
twitter
Twitter
2018-11-21
facebook
Facebook