まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
篠田亨至

心地よい暮らしを提案するオーダーカーテンと風水のアドバイザー

篠田亨至(しのだこうじ)

有限会社インテリアクレール

コラム

男の子と女の子が一緒の子供部屋カーテンはどんな柄を選ぶ?

カーテンの選び方

2018年8月10日









男の子と女の子が使う子供部屋は、
将来仕切りを使って分割できるよう、
10畳ほどの広さがあります。



この部屋に使うカーテンを選ぶ時、
男女で色柄を分けるべきなのか、
それともまとめた方がよいものか、
迷うところであります。



男女の子供部屋で窓が二つあると、
カーテンの柄選びに困りますね。



とくに窓が二つ並んでいるケースでは、
男物女物と区別できるカーテンは、
一つの部屋でおかしいと感じます。



かといってどちらとも言えない、
アイボリーやクリームなどでは、
病院みたいで個性や魅力なく、
寂しい部屋になってしまいます。



そのような時にお勧めしているのは、
柄は同じで配色を変えたパターンを持つ、
元気がもらえる子供柄があります。









ベースはアイボリーやクリームで、
アクセントデザインに寒色使いと、
暖色使いの2~3配色を用意した、
男女共用子供部屋向けがあります。



こうしたデザインカーテンの中から、
子供が好きそうな柄で選んでいただくと、
例え窓が二つ並んでいても違和感なく、
ほほえましい子供部屋が完成します。



選ぶカーテンのグレードについては、
将来子供が大きくなって間仕切るのは、
何年先かを予想しましょう。



小学校高学年から中学生になるまで、
この先何年カーテンを使う予定になるか、
考えておくと決めやすいです。



5~6年ぐらいなら既製品で十分、
まだ赤ちゃんで10年以上使うなら、
既製品にして2回買い換えるか、
10年見据えてオーダーされるかです。



買い換えるタイミングで子供も成長し、
好みがハッキリしてくる事も考えて、
購入計画を立てておきましょう。

暑い!寒い!眩しい!うるさい!見られてる!
窓辺の困りごとは高機能カーテンで解決できます。
お急ぎのご相談はLINEからどうぞ!

この記事を書いたプロ

篠田亨至

篠田亨至(しのだこうじ)

篠田亨至プロのその他のコンテンツ

Share