まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
篠田亨至

心地よい暮らしを提案するオーダーカーテンと風水のアドバイザー

篠田亨至(しのだこうじ)

有限会社インテリアクレール

コラム

ペアガラスに遮熱カーテンは不要ですか?

暑さ対策

2018年6月13日









窓ガラスにペアガラスを採用している、
住宅やマンションが多くなりました。



遮音性能や断熱性能を持つペアガラス、
夏は遮熱効果もあるのでしょうか?



ペアガラスはもともと寒冷地の断熱効果、
室内の暖気が窓ガラスから逃げないよう、
ガラスを2重にして空気層を作ったものです。



ペアガラスは冬の断熱効果は高くても、
夏の日射しを遮る効果はありません。



よってペアガラスなのに部屋が暑くて、
エアコンが効かないとお悩みでしたら、
遮熱レースとの併用をお勧めします。



ただしLow-Eガラスは特別なもので、
ガラスの片面に特殊な金属を被膜して、
夏の日射しを和らげる効果を持ちます。



Low-Eガラスも冬の高断熱タイプと、
夏の遮熱タイプがあるそうなので、
どちらのタイプか確認しましょう。



遮熱タイプのLow-Eガラスでも、
実際にはそれだけで十分な遮熱効果を
得られるわけではないようです。



実際にLow-Eガラスのお宅でも、
遮熱レースの相談が絶えません。



それだけ夏の西日は強烈な熱線であり、
遮熱レースを併用していただくことで、
エアコンの効きも断然違うというわけです。



よくペアガラスに遮熱レースを使うと、
ガラスが割れませんかと聞かれます。



ペアガラスに直接遮熱フィルムを貼ると、
中の空気が膨張してガラスが割れます。



しかし遮熱カーテンとガラスには距離があり、
カーテンの反射熱で空気が膨張するほど、
ガラスが高温になることはありません。



これから建築計画を立てる方で西日対策なら、
遮熱タイプのLow-Eガラスに加えて、
遮熱レースの併用もご検討ください。

暑い!寒い!眩しい!うるさい!見られてる!
窓辺の困りごとは高機能カーテンで解決できます。
お急ぎのご相談はLINEからどうぞ!

この記事を書いたプロ

篠田亨至

篠田亨至(しのだこうじ)

篠田亨至プロのその他のコンテンツ

Share

篠田亨至のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-08-06
twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook