まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
荒川典子

人間関係の疲れを和らげて心を楽にさせる心理カウンセラー

荒川典子(あらかわのりこ)

心理かうんせりんぐ こころ

コラム

ペットとの暮らしを今以上に楽しみたいと思っている方へ(犬の気持ちに気づき、コミュニケーションで安心感、信頼感を作る)

自己肯定

2015年4月20日 / 2018年12月6日更新

『犬と暮らすこと』というテーマで、「家庭犬インストラクター安田美弥子さん」の話しを聞きました。


犬とのかかわり方、コミュニケーションの取り方、我が家にはじめてきた子犬とルールを共有するときのアドバイスなどを中心とした内容の話でした。

話し会の中で感じたことは、「犬と人のコミュニケーションは似ている」ということです。


ペットとの信頼関係を築くことをしなければ、犬と暮らすことでが問題がおこることが多く、犬との暮らしを楽しむことができず、飼い主にとっても犬にとってもストレスが増えるばかりです。

以前のしつけ教室や、犬のしつけに関する本の中では、「飼い主がリーダーシップをもって上の立場にならないと、犬は不安になり問題行動を起こしやすくなります」と言われていることが多かったようです。犬と飼い主の関係は、『縦の関係』が当たり前だったようです。

今は、犬と飼い主が本当に良好な関係を築くためには『横の関係』が大切なのだと考えるようになってきだと言われています。
『横の関係』は、ただ飼い主が犬に指示をするだけの関係ではありません。

たとえば、次のように関係を作ります。
飼い主:「このルールで暮らすのはどう?」
犬  :「うまくできない。」(犬が飼い主の提案を無視したり、嫌そうな表情をする)
飼い主:「じゃあこの方法は?」
犬  :「OK!」(犬は喜んで飼い主の指示に従う)

このように飼い主と犬が一緒になって、両方にとってベストなルールを作っていく関係が『横の関係』です。犬と飼い主がルールを守りあう事で、安心感と信頼関係を築いくことができていきます。

人と人も同じで、立場上の上下関係はありますが、本来は『横の関係』、人と人は対等な関係のはずです。対等であるからこそ、相手を尊重でき自分も尊重できると考えます。

たとえば、愛犬が散歩中に苦手な犬に遭遇し、恐くてほえているときに「縦の関係」の場合は、飼い主は「ダメ!」と強くしかり、犬の口をおさえて「ほえる」という行動をやめさせようとします。そのときに犬がほえているときの「恐い」という感情はおざなりにされています。『縦の関係』の場合、飼い主は、犬の気持ちへは目をむけず、行動をやめさせることに注目しています。

私たちが恐くて震えていたり、叫んだりしているときに、「叫ぶな!」と言われ口をおさえられたとき「叫ぶ」という行為は、おさえられるかもしれませんが、「恐い」という感情は抑えつけられたまま自分の心の中にたまっていきます。

犬も同じです。また同じような場面に遭遇した時、犬は「ほえる」ことをし、飼い主に口をおさえられるということを繰り返しされることによって、「苦手な犬にあう」「嫌なことをされる」という図式が犬の中に出来上がっていきます。

『横の関係』の場合は、飼い主が、「知っているよ。あなたは恐いからほえていること。」と犬の気持ちを理解していることを伝えようとします。理解して伝える方法として、なるべく苦手な犬と会わないように、別の道を散歩するのも一つの方法だそうです。また、苦手な犬を見かけたときには、おやつなどで犬の注意を飼い主に向けさせて、苦手な犬が通りすぎるのを静かに待つという方法もあるそうです。これらの方法は、飼い主と犬の関係だけでなく、犬同士のルールから見ても良い方法だと聞きます。

私たちも嫌なことはできたら避けたいです。
「嫌なことでもしなさい。するべき」と言われたらますます嫌になります。
「嫌だよね」と受け止めてもらうだけで、理解してもらえていると感じ、相手に対して安心感を抱きます。安心感を抱くと、嫌だけど挑戦する気もちがでてきたり、もう少し慣れたら頑張ってみようと思えたりもします。

犬は「家族」の一員です。
今回の安田さんの話しは、各家族でそれぞれの犬と暮らすルールを作り、犬との暮らしを楽しみたいと思えるような内容でした。
犬に関しての話でしたが、お子さん、パートナー、友たちとのコミュニケーションにも当てはまりそうです。

感情に共感をしてもらうことでわかってもらえている、という安心感や信頼感を感じることは、犬にとっても人にとっても大事なことであると感じています。
犬が飼い主に対して安心感と信頼感を得ることで、きっと今まで以上に犬との暮らしが楽しめるようになるはずです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アマゾンから6月中旬に本を出版しました。
「犬と暮らして人生を豊かにする方法~犬から学ぶ子育て・介護・看取り方~」 荒川典子著
四頭の犬と暮らし最期まで看取った経験から、子や親との関係をよくするヒントや犬とどう関わっていけば、私たちの人生は豊かになるのかを私自身の体験を含めて書いた本です。
↓詳細 
 https://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E3%81%A8%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%A6%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E8%B1%8A%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%88-%E7%8A%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%81%B6%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%83%BB%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E3%83%BB%E7%9C%8B%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%96%B9-%E8%8D%92%E5%B7%9D-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/486628014X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1514964989&sr=1-1&keywords=%E8%8D%92%E5%B7%9D%E5%85%B8%E5%AD%90

この記事を書いたプロ

荒川典子

荒川典子(あらかわのりこ)

荒川典子プロのその他のコンテンツ

Share

荒川典子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

荒川典子プロのその他のコンテンツ