まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
荒川典子

人間関係の疲れを和らげて心を楽にさせる心理カウンセラー

荒川典子(あらかわのりこ)

心理かうんせりんぐ こころ

コラム

カウンセラーマインドで聴く

その他

2014年5月14日

日本経済新聞の記事からの引用になりますが、『中国の有名大学の成績上位の生徒がテーマに沿って議論をしたところ、プレゼン能力は高く、自説を得意げに披露する。採用担当者の視線は「他人の意見を受け入れる人」だけに注がれていたそうです。仕事に必要なのは顧客との関係を築く人間力。言葉の巧みさではない』と書かれていました。

他人の意見を受け入れる「人間力」。中国だけではなく、日本でも最近よく耳にします。
人間力を高めるのは簡単そうで、簡単ではないような、微妙なところです。
私のカウンセリングでは、まず、クライアントさんのお話をしっかり聞かせていただきますが、その際に気を付けていることがあります。

1、相手の話をさえぎらない
2、聴いてやるという気持ちではなく、聴かせてもらうという気持ちを持つ
3、相手の言葉や感情を否定しない
4、自分の意見を押し付けない 他

日常生活においても、1番の「話をさえぎらない」や3番の「言葉や感情を否定しない」に加え、「人の話を取らない」ことは聞き上手とされる人の要素だと考えています。
私自身、聞き上手な方とお話していると、安心でき受け入れられているようで、とても嬉しく楽しい時間を過ごせます。また、お会いしたいという気持ちにもなります。

ご自分のお話ばかりされる方や、相手を否定しながら自分の話に誘導する方。ご自分の意見を押し付ける方。結構多いと思います。

最後まで相手が何をお話したいかを興味を持って聴き、お互い楽しくお話できれば、気持ちがいいコミュニケーションをすることが出来ます。

ご家族やお友達のお話をたまにはカウンセラーマインドで聴いてみてはいかがでしょうか。
何か新しい発見や、相手との関係性が変わるかもしれませんよ。



ご参考までに。






この記事を書いたプロ

荒川典子

荒川典子(あらかわのりこ)

荒川典子プロのその他のコンテンツ

Share

荒川典子プロのその他のコンテンツ