まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
北原千歳

女性の指先と心に輝きを与えるネイリスト

北原千歳(きたはらちとせ)

ローズモンド

お電話での
お問い合わせ
052-262-1277

コラム

爪の汚れの洗い方、油性汚れを優しく落とすには重曹も効果的

爪の汚れケア

2018年8月10日

忙しい現代女性にとって、日々の爪の手入れは煩わしいことかもしれません。しかし、汚れた爪はエチケット違反。ビジネスシーンにおいても相手に不快感を与えます。お手入れをしてキレイに形を整えるだけで好感度アップ!

今回は爪の汚れの対処法についてお伝えいたします。目につきやすい場所だからこそ、清潔に保っておきたいものですね。

爪がよごれる場面や汚れの種類

爪を伸ばしっぱなしにしていると、爪の間にゴミがたまることがよくあります。土いじりや農作業などを素手で行うと、爪の隙間に土や泥が入り込み、黒く汚れて不潔に見えます。

このような汚れはわかりやすいのですが、汚れる仕事をしたわけでもないのに、いつのまにか爪が汚れていることがあります。この汚れはいつ付いたのだろうと、首をかしげることってありませんか?

爪の汚れは、次のようなことが原因です。

〇古い角質
皮膚の新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質が垢となってたまる。

〇汗・皮脂
体や頭を掻くことによって、汗や皮脂やフケなどが爪の中に詰まる。

〇繊維のクズ
衣類の細かい繊維くずが爪の隙間に入り込む。

これらが混然一体となって、爪の汚れとなるのです。汚れは黒とは限らず、白い場合もあります。ですから、爪の中には雑菌がいっぱい。爪を噛むのはとても不衛生ですので、噛む癖のある方は止めなくてはいけません。

予防の基本は手洗い

手を洗うのは基本中の基本ですが、みなさんはどうやって手を洗っているでしょう。

洗い方に気も気をつけなければなりません。指先を濡らす程度では、手のシワや爪の中など、細かい部分の汚れはきちんと落とせません。また手をこすりあわせる洗い方を、よく見かけますが、指の間や手の甲、爪の中まで行き届いてない可能性があります。

手を汚したあとは、ハンドソープや石けんをよく泡立てて、細かい部分にも泡が行き渡るようにしてください。爪から手首まで手全体を洗いましょう。

爪の中の汚れは爪ブラシで

通常の手洗いで除去できない場合は爪ブラシを使いましょう。爪ブラシに石けんをつけ、よく泡立ててから、爪の先にあて、やさしく一方向に動かして洗ってください。

痛いほどゴシゴシこするのはNG。爪の中のデリケートな部分が傷ついてしまいます。

なるべく手が汚れた直後に行うのが望ましいです。また、入浴中など、手足がふやけた状態で行うのも効果的です。

爪の切り方でも予防ができる

みなさんは爪をどのように切っていますか?
白い部分に沿って丸く切る方が多いのではないでしょうか。

爪の汚れは白い部分にたまるので、ここをなくしてしまえば、清潔を保てると考えがち。しかし、この切り方は要注意!深爪になる可能性があります。

白い部分を2mm程度残して切るのが理想的です。
また、白い部分に沿って切ると、両端の深いところまで切ってしまう場合があり、爪の強度が落ちてしまうので、いい方法とはいえません。

おすすめの爪の形はスクエアオフで、爪の先をまっすぐに切って、角だけ少し丸める切り方です。

ゴム手袋で爪を守ろう

手が汚れる仕事をするときは、できればゴム手袋をはめて爪を保護してください。土や泥の細かい粒子はとれにくいので、素手で触らないようにするのが一番です。

ハンドクリームのバリア効果で爪を守ろう
ゴム手袋が使えない場合もあります。

機械の整備などの細かい作業は素手が必須ですよね。しかし、オイルの汚れが爪につくのは避けられません。爪の中にも入りこみ、落ちにくくなります。そのような場合は、事前にハンドクリームを塗ることでバリアをつくりましょう。

爪の中にもハンドクリームを詰めておくと良いでしょう。汚れが入る隙間を埋めておくのです。そうしておけば、汚れが付いたとしても、落としやすくなります。

重曹を使って汚れを落とそう

重曹はお掃除で活躍するアイテムとして知られています。研磨効果があるので、油汚れにも効果を発揮します。

水で伸ばした重曹をブラシに付けて軽くこすると汚れが落ちます。

爪の表面の汚れはペースト状にしたもので磨いても良いでしょう。ただし重曹はカルシウムを溶かしてしまうので、しっかりと洗い流すことが大切です。

油性の汚れは油で落とそう

油性のよごれは油に溶けるため、ベビーオイル、クレンジングオイルなどを使用して落とすことができます。これらは、もともと肌に使うためものなので、爪の汚れも優しく落としてくれます。

頑固な汚れには「アセトン」

アセトンは除光液の主成分で、頑固な汚れを落とすことができます。アセトン入りの除光液を綿棒に染み込ませ、爪の汚れをふき取りましょう。落ちにくい場合は、綿棒を汚れにあてた状態でしばらくなじませてから拭き取ると良いでしょう。

アセトンは汚れに強い反面、刺激が強く、爪や肌を乾燥させるので、皮膚が弱い方は使用しないでください。頑固な汚れのみ使用し、使用後は保湿ケアを忘れないでください。

この記事を書いたプロ

北原千歳

北原千歳(きたはらちとせ)

北原千歳プロのその他のコンテンツ

Share

北原千歳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-262-1277

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北原千歳

ローズモンド

担当北原千歳(きたはらちとせ)

地図・アクセス

北原千歳プロのその他のコンテンツ