まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
北原千歳

女性の指先と心に輝きを与えるネイリスト

北原千歳(きたはらちとせ)

ローズモンド

お電話での
お問い合わせ
052-262-1277

コラム

爪を硬く丈夫にするには、外と中から両方のケアを!

爪を綺麗に伸ばす

2017年10月27日

人それぞれに個性があるように、生まれつき丈夫な爪もあればもろくて欠けやすい爪もあります。弱い爪を硬く丈夫なものにするための対処方法をお教えします。

あわせて、これから生えてくる新しい爪をよりきれいに強くするためのケア方法も実践してみましょう。

ベースコートを施すなど爪を外から強くする方法

最も手軽な対処方法はベースコートを施すことです。顔にも肌を保護する意味でクリームを塗りますよね。爪も同じです。

ベースコートには爪表面の傷や二枚爪を防止する働きもあります。商品によっては弱い爪専用に開発された強化剤や、繊維状の膜をつくるタイプもあります。爪の保護と同時に、水分補給ができるものが理想的です。

ホルムアルデヒドのような乾燥しやすい成分が含まれているものは避けましょう。一時的には爪を硬くしますが、使い続けると爪をもろくしてしまいます。

もっと進んだ方法を望むなら、スカルプチュアという選択肢があります。スカルプチュアとは「つけ爪」のことです。

パーティーなどで一時的に長い爪にしたい時だけでなく、弱い爪を補強する際にも使われます。上級者向けのテクニックですので、高度な技術を持つネイリストにお任せしましょう。

弱くて折れやすいために伸ばせなかった爪も、サロンに足を運べば理想的で自然なネイルが手に入ります。スカルプチュアで保護しながら自爪を強くしていく方法もあります。

爪を内側から強くするためには栄養バランスを考えた食事を

そもそも爪がちょっとしたことで欠けたり折れたりしてしまうのは、爪の健康状態が思わしくない可能性があります。伸ばしている途中で折れやすいのも、原因は乾燥や偏食による栄養不足にあるかもしません。

また、口から食事として摂る栄養は体の各部位の養分となります。それぞれの器官が正常に働いていないと、せっかくの栄養も十分に吸収することができません。普段の生活習慣も整えていくこともお忘れなく。

爪のおしゃれを楽しめるのも健康な爪があればこそ。爪だけではなく肌の状態や体調不良にもつながりかねないので、栄養バランスを整えて体の中から調子を整えていくことを心がけましょう。爪をきれいにする食べ物は、髪にも肌にも良い影響を与えてくれるものです。

爪の健康を保つためにたんぱく質やカルシウム、ミネラルを摂取

健康な爪のためには、爪の主成分であるタンパク質を摂るように意識しましょう。卵はタンパク質のもとになる必須アミノ酸を豊富に含んでいます。豆腐などの大豆製品も必須アミノ酸に加えてミネラルも含まれています。

また、カルシウムやビタミン、ミネラルも爪の形成には不可欠です。カルシウムは牛乳やチーズといった乳製品、ナッツなどに含まれます。

爪に柔軟さを与えてくれるのはEPAやDHAです。青魚やししゃもで摂りましょう。

美肌に欠かせないコラーゲンも皮膚の一部である爪に良い影響を与えます。牛スジや豚足、鶏の手羽先を食生活に取り入れてみましょう。

爪はゆっくりと伸びるのですぐに実感はできないかもしれませんが、健康的な食事を続けていれば数カ月で結果はついてきます。新鮮な野菜や果物、青魚や海藻などをバランスよく食べていれば、あえてサプリメントに頼る必要もないでしょう。爪の成長に必要な栄養素は毎日の食事の中で摂取できます。

爪にダメージを与えない指使いを心がける

爪が弱いと感じている人は、普段の生活で無意識のうちに爪を痛めつけるような行動をとっているかもしれません。次のようなことを意識するだけでも美しい爪を保てるはずです。

洗い物やお風呂掃除をする時は必ずゴム手袋をはめましょう。
爪を水につけることで弱くなる上に、強度を保つために必要な油分が洗剤で奪われてしまうからです。

爪を道具のように使うことは極力避けてください。
エレベーターのボタンは指の関節で押します。キーボードを打つときは爪が当たらないよう指の腹を使うようにしましょう。車のドアは指の側面を使って開けます。結び目をほどいたり包装紙をはがしたりするときは、爪を立てないように注意してください。

慣れるまでは面倒に思えますが、爪にダメージを与えないための指使いを覚えることはきれいな爪への近道です。ポリッシュを塗りたての時のように、指先にまで神経を行き届かせるイメージが分かりやすいでしょう。爪に衝撃が加わると、爪は割れやすくなります。

1日の終わりにハンドクリームなどでマッサージをしながらケア

日ごろのお手入れも習慣にしてしまうことです。
一日の終わり、入浴後のリラックスタイムをハンドケアの時間と決めてしまいましょう。ハンドクリームやキューティクルオイルを、マッサージするように伸ばしていきます。血行が改善されることで爪の乾燥を予防できます。

美しく強い爪を育てるためにはキューティクルケアが肝心です。爪の根元では新しく成長する爪が出番を待っています。この部分がキューティクルなのですが、乾燥してしまうと爪を形成するための水分や油分が届かず健康な爪が育ちません。キューティクル専用のオイルを使って乾燥を防いでください。油分の補給だけではなく、オイルに配合されているミネラルも栄養として浸透します。

オイルは爪の根元のほか、ささくれができやすい爪周りや爪本体にもすりこみます。くるくるとマッサージするように爪まわりにももみこみます。直後はべたつくこともありますが、そのままにしておけば数分で吸収されます。

爪の水分は季節や環境でも異なるので、乾燥していると感じたら一日のうち何度でもキューティクルオイルでケアしてかまいません。顔に化粧水を塗るタイミングで爪にも水分を補給してあげるのもいいですね。

この記事を書いたプロ

北原千歳

北原千歳(きたはらちとせ)

北原千歳プロのその他のコンテンツ

Share

北原千歳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-262-1277

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北原千歳

ローズモンド

担当北原千歳(きたはらちとせ)

地図・アクセス

北原千歳プロのその他のコンテンツ