まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
杉浦繁

デザインや技術をあらゆる面から徹底サポートする建築家

杉浦繁(すぎうらしげる)

アトリエ繁建築設計事務所

コラム

真似とコピーと大建築?【建築の著作権って・・5】

家造りのヒント・知識

2015年10月16日

真似とコピーと大建築?【建築の著作権って・・5】



著作権について・・
散々言ってきました。


が・・
実際の所、非常に難しい問題であると思うんですよね。



建築の勉強をする時は・・
まず良いと言われる建物を見ることから始めます。
当たり前ですよね、だって歴史なんですから。


若い頃はたくさんの建物に行き、たくさんの建物を見て勉強します。
新しい建物・・
評価の高い建物・・
雑誌などで紹介されている建物・・
歴史的な建物・・
長く残っている建物・・


そして影響を受けます。
そうやって自分という物を確立していくわけです。


これはいいなあ・・
次に自分が建てる時にはこうしよう。


音楽を始める人は最初は好きな音楽をコピーするところから始まります。
絵画を始める人は最初は好きな絵を模写するところから始まります。



そう・・
創造というのは最初は真似から始まるんです。



真似することで良い物を知り、やり方を知り、それを身につけます。
その上で自分自身で生み出す・・



まあ・・
最初からいきなり何でも出来てとんでもない物を生み出す天才なんて人もいるんでしょうが・・
そんな人は万人に一人です。



真似・・
つまり誰しも最初はコピーですから・・
それを自分の物として発表すれば違法になってしまいます。


感動して影響を受けて、それを参考にするのはかまいませんが・・
そのまま使えば違法になってしまいます。


あくまでもコピーはコピーとして扱わなければなりません。




建築では我々ぐらいの世代が勉強をしていた1980年代~くらいの頃に・・
「ポストモダン」という建築デザイン手法が大きくもてはやされました。


「モダニズム」という装飾を極力廃した建築手法が主流だった時代に、その合理的で機能主義的なデザイン手法に反動して生まれたデザイン手法です。
今ではあまり聞かない言葉になってきていますが・・
当時はポストモダンの旗手なんていう大建築家なんかが世界中にあふれた物です。


このポストモダン建築というのは装飾性、折衷性、象徴性などの回復を目指した建築などと言われていますが、その装飾の回復ってようするに過去の装飾をまた戻すってことになりますので・・
その多くというか・・
ほとんどが・・


ようするに過去のデザインのコピーでした。



ポストモダン建築で最も有名なの建物と言えば・・
かのアメリカの建築家フィリップジョンソンによるニューヨークのAT&Tビルですが、これはヨーロッパのクラシックな家具を模してデザインされた建物です。


でっかいだけで・・
そっくりなんです。


これ以外にも・・
当時は猫も杓子もポストモダンで・・
日本中にピラミッドだのどこかの寺院だの教会だの遺跡だのなんてのがあふれました。
そういえば庭にいきなりローマの広場が現れたり・・
屋根の上に筋斗雲なんてのもありましたね・・



歴史的装飾の回復!
つまり歴史的建物装飾のコピー!


まあ・・
ようするに・・
著作権切れデザインのコピーということになります。



日本では最も有名なポストモダン建築と言えば・・
かの東京都庁舎でしょうか?
日本が世界誇る大建築家、モダニズム建築界の旗手であったかの丹下健三さんが初めて世界に問うたポストモダン建築です。


あれはパリのノートルダム大聖堂をコピーしています。



なんだかな~
今の建物のデザインをコピーしたら違法行為で・・
歴史的な著作権の切れた建物のデザインをコピーしたら大建築って?



難しいですよね。
真似とかコピーとか?
著作権とか・・





Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/

この記事を書いたプロ

杉浦繁

杉浦繁(すぎうらしげる)

杉浦繁プロのその他のコンテンツ

Share

杉浦繁プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0568-87-2124

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦繁

アトリエ繁建築設計事務所

担当杉浦繁(すぎうらしげる)

地図・アクセス

杉浦繁のソーシャルメディア

rss
rss
2017-05-15
twitter
twitter
2017-05-15