まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
杉浦繁

デザインや技術をあらゆる面から徹底サポートする建築家

杉浦繁(すぎうらしげる)

アトリエ繁建築設計事務所

コラム

リフォーム設計をスム~ズに進めるには。 【デタラメな竣工図・・1】

デタラメな竣工図・・1




いやはや暑い・・
いやはや忙しい・・
お盆休み?
そんなもんあるか・・


長いこと開いてしまいましたが・・
でも、そろそろブログも書き始めましょうか。
忘れられないように。



ちょっとというか随分前になりますが竣工図とはなんぞや・・
という話を書きましたが・・
そんな竣工図が!
ちゅう話です。



むか~しの話です。
とあるマンションリフォームの設計がありました。


マンションの1戸の中を水廻りなど半分ほどがらんどうに撤去して機器や配管など設備類を替えて・・
間取りを替えて・・
残りは残してクロスなどを替える・・
という・・


ま、よくあるマンションリノベーションっちゅうやつですな。



その際にまずすることは・・
そう・・
竣工図を借り出すことです。


管理組合とか管理会社なんかに問い合わせて竣工図を貸して下さい!
と頼んで借りてきます。


ここで竣工図がないとなると・・
えらいことなのです。
全部まずマンションの中身を解体撤去しないと、どうなっているのかわからないということになる。
中身を解体撤去してから中を調査してそれから設計して見積もりして値段を決めて・・
やっと工事っちゅうことになるのです。


つまり・・
設計・工事の期間がとんでもなく長くなる上に、その間ずっとどこかのホテルにでも住んで頂き、途中で金額が合わなくてもやめられない・・
ということになってしまうのです。



マンションの場合はちゃんと管理会社なんかに入っていれば、まあ竣工図がないなんてことはないものです。
そういう会社はよくわかっていますので・・
絶対になくしたりしません。
たいていは借りるのにも借用書を書かされて期限も切られていつまでには返せなんて言われることになります。
なくしたら大変ですから・・


管理会社にお金払うのがもったいないとか言って自主管理なんかに替えたところなんかは危ないですね。
何しろ何十年も前の図面だったりしますのでボロボロになってしまって、わけもわからずにみんな捨てちゃってたりします。
誰かに貸し出した後、返却されずにわかんなくなっちゃったとかね。
竣工図とか確認申請の副本とか構造計算書とかは絶対になくしてはいけませんよ。
その建物が建っている限りは・・



そのマンションの場合は元々が半公共で建てられたマンションだったのでそういうことはしっかりしていて竣工図がありました。
今はもうありませんが整備公団とか県営マンションとかあったでしょ・・
なので借りてきて、それを元に設計を進めることが出来ました。



マンションリフォーム、リノベーションをする際には・・
まず竣工図を元に現況図というものをつくります。


現況図?
そう現況、つまり今現在の形を示した図面です。
今現在、どういう間取りでどういう空間でどういう仕上げでどういう機器がありどういう配管がどこに通っているか?
を示した図面をつくる・・


つまり竣工図があればそれを元にすればいいわけです。


その上でその現況図を元にどのように変えていくかを考えて・・
設計図をつくります。


設計図・・
つまり、これからどう工事するのかを示した図面です。



その仕事では竣工図があったため、それを元にすんなりと現況図を作成してそれを元に打ち合わせをかさねて設計が進められました。


竣工図があったので・・
す~んなりと仕事は進みます。


いいね~
こういう仕事は。





Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/

この記事を書いたプロ

杉浦繁

杉浦繁(すぎうらしげる)

杉浦繁プロのその他のコンテンツ

Share

杉浦繁プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0568-87-2124

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦繁

アトリエ繁建築設計事務所

担当杉浦繁(すぎうらしげる)

地図・アクセス