マイベストプロ愛知
鈴木圭

骨と筋肉を施術して、本来の身体に戻すスペシャリスト

鈴木圭(すずきけい) / 柔道整復師

アームズ整骨院

お電話での
お問い合わせ
0564-53-5322

コラム

腰や首が痛くなりにくい簡単な座り方とは?

2020年3月25日 公開 / 2020年3月31日更新

テーマ:正しい座り方

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: ダイエット 運動冷え性 対策腰痛 対処

はじめに

仕事や学校の授業で長く座っていると腰が痛くなってきますよね?

今回のテーマは腰が痛くなりにくい座り方をお話ししていきたいと思います。

いい座り方とは?

まず、みなさんの姿勢のいい座り方ってどのようなイメージですか?
背中をピンっと張るように座る?
胸を突き出すように座る?

一般的にいい姿勢は、医療用語でいうと側面では大腿骨大転子、肩峰、耳垂が一直線になっていること。
後面から見ると、殿裂、椎骨棘突起、後頭隆起が一直線になっていることとなります。


そんなこといわれてもなんのこっちゃ分からないですよね?(笑)


それでは難しいので患者さんには『一つだけ』意識してくださいと言います。
それはどこかというと『骨盤の坐骨』です。

坐骨の『坐』は『すわる』と言う意味で『座る』という漢字と同じ意味になるそうです。
その漢字の通り、坐る骨で座ってもらうといいです。
なので患者さんには骨盤の『坐骨』という所を立てて座ってくださいと伝えます。

坐骨ってどこ?ってなると思うんですが、座った時にお尻に硬い骨があたるところが坐骨になります。

座った状態で骨盤を前後に動かしてください。
そこで坐骨が椅子に一番あたるところにして、左右の坐骨のあたりも均等にしてください。
すると上半身が軽くなるところがあります。
そこが坐骨が立った座り方になります。

そこで先程いった、側面で大腿骨大転子、肩峰、耳垂、後面から見ると、殿裂、椎骨棘突起、後頭隆起が一直線になっていると思います。

その姿勢になっていれば、普段座っている時より腰や首が痛みにくくなると思います。
それに加え、座り方で女性にはうれしい副産物で、むくみや冷えが少なくなり、痩せやすい身体になることも?

では次回、骨盤を立てる座り方でどんな効果を期待できるかをお話ししていきます。

終わりに

アームズ整骨院では症状の説明や日常生活動作などもできる限り患者さんにもわかりやすく説明させてもらうことを心がけています。
身体の不調で困っている、病院に行っているけど自分の状態がよくわからないという方がいましたら是非アームズ整骨院にご相談してください。

岡崎市上和田町 アームズ整骨院 オフィシャルHPはコチラ

ご予約、お問い合わせはコチラ

アームズ整骨院 柔道整復師
平松 博樹

この記事を書いたプロ

鈴木圭

骨と筋肉を施術して、本来の身体に戻すスペシャリスト

鈴木圭(アームズ整骨院)

Share

鈴木圭プロのコンテンツ