まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

経営計画書を作る目的とポイント

あなたのお店には、経営計画書がありますか。
もしかしたら、「こんな小さな店に経営計画は必要ない」と思って、作っておられないかもしれません。

もし、そうならば、今すぐに経営計画書を作ることをおすすめします。

そもそも、この経営計画書は、お店にとって何でしょうか。
それは、航海における「海図」と「羅針盤」にあたります。

もしも経営計画書を持たずにお店を経営されていれば、それは、手漕ぎのボートで大海を進んでいるようなものです。

どこかの港に着きたいと思っても、今どこにいるのか分かりません。
どちらの方向に行けばいいのかも分かりません。

海図と羅針盤があれば、位置と方向と目標が確認できます。
経営計画書とはそういうものです。

つまり、あなたの店は、将来どんな店になりたいのか、そして、どんな業績をあげたいのか、を明らかにしたものが経営計画書です。

そうは言っても、「計画なんか作っても、計画通りにいかないのだから意味がない」と思われているかも知れませんね。

確かに、計画どおりに行かないこともあるでしょう。
でも、計画書を作って計画通りに行かないのは、何か原因があるのです。

実は、その原因を見つけることに大きな意味があります。
原因が分かれば、それを取り除く方法を考えればいいのです。

そして、その原因を取り除くことができなければ、計画を修正すればいいだけのことです。

とにかく、経営にとって何も分からない状態は、避けなくてはなりません。
経営計画書があれば、自店の目指す方向がはっきりします。

目標に向かっていて、何かの問題が起こったとき、経営計画書はその問題を明らかにする役目をしてくれます。
そのためにも、是非とも経営計画書を作っておきましょう。

そして、経営計画書を作るときは、次の2つのことを心がけます。

それは、「全員が参加する」ということと「数字だけでなく、事柄をいれる」ということです。

まず、「全員が参加する」というのは、計画作りには、従業員全員が参加するということです。
もちろん、お店の理念や計画の大筋は、あなたが決めます。

その大筋に沿って、従業員各自の目標を決めてもらいます。
それが妥当かどうか、あなたは彼らと話し合わなければなりません。

その過程で、従業員は計画を理解していきます。
最終的に、それらをまとめて計画書に入れ込みます。

この作業が、計画を遂行する上でとても大切です。

次に「数字だけでなく、事柄をいれる」というのは、
とかく数字ばかりの表になりがちな計画書に、事柄としての目標を入れ込むことです。

例えば
・お客様への感謝のハガキを毎月20通出す
・10月のプロモーションで、200人の集客をする
といったように、
何をして業績を伸ばすか、何をしてお客様との関係作りをするか、という視点で、やるべき事柄を計画します。

この2つのポイントを意識して作られると、きっと、良い計画書になります。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ