まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

チラシの効果

近ごろ新聞の折込チラシの数が減ってきました。
不動産、スーパー、百貨店のチラシさえも減ってきています。

このチラシ、スポーツショップには必要なものなのでしょうか。
チラシを出すのなら、その費用に見合うだけの効果が必要です。

大手スポーツチェーンには、チラシを出す意味はあります。
価格と品揃えの豊富さを強みとする大手にとって、チラシは重要な広告宣伝ツールになります。

ところが、あなたのお店はそうではありません。
仮に年商が1億円だとしたら、チラシに使える費用はせいぜい年間300万円くらいのものです。

これくらいでは、大したチラシは打てません。
1回に2~3万部のチラシを配るとしても、それほど多くの回数は望めません。

ましてや、チラシで商品を紹介するには、それなりの写真をたくさん撮影する必要があります。
デザインも、専門家に依頼したほうがいいですから、そのための費用もかかります。

また、チラシは配布エリアを指定することが出来ますが、それでも不特定多数の人たちに配られます。配られたチラシは、そのときスポーツ用品を必要としている人以外には、見向きもされません。

こうしたことからしますと、チラシを打つには、どうも折込よりは別の方法を考えたほうがよさそうです。

たとえば、ダイレクトメールによるチラシの配布、という方法があります。
この場合、配布先はお店の顧客リストを使います。

そうすれば、チラシが目標とするターゲットに確実に届きますので、得られる効果は高いです。

また、折込チラシとは、その内容が違います。
商品の案内が中心にはなりますが、お店のことなども紹介します。

店長のあいさつや、写真やイラスト付きのスタッフ紹介も載せて、日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちを、表します。

そして、このチラシは手作りで十分です。
たとえ商品の写真が無くても、手書きのイラストで十分に対応が出来ます。

ですから、折込チラシのような大きな制作費用はかかりません。
それならば、あなたのお店でもチラシは活用できるでしょう。

ただし、気をつけることがあります。
チラシは、計画的に、継続して行うことです。

また、お店のキャンペーンやセールなどのイベントとからませると、より効果がでます。
さらには、チラシの内容を皆で考えると、よりいいものが出来ます。

そして、このチラシは売上を上げるためのものです。
チラシの効果がどのくらいあったか、後でしっかり計ることも大切です。

また、チラシで宣伝をした商品には、「広告の品」というPOPをつけておきます。
チラシを見て来店されたお客様にも、その方が親切ですし、見ていないお客様にも商品を訴えることができます。

このように、費用をかけず、直接お客様に届くチラシならば、きっと効果があるでしょう。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ