まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

値引きをしても儲かる方法

前回は、値引きをしないで販売をすることについて述べました。

値引きをしなければ、それに越したことはありませんが現実的にはそうもいきません。
そこで、今回は値引き販売をしても利益の出る方法を考えてみます。

スポーツショップの粗利は、けっして高くはありません。
中小企業庁の調べによれば、スポーツ店の平均粗利率は28.6%です。
平均値ですから、これより低い店の方が圧倒的に多いでしょう。

では、どうしてスポーツショップの粗利率が低いのでしょうか。
それは、多くのスポーツショップが「習慣的」に定価の1~2割引で売っているからです。

そんな中にあっても、あなたの店は利益を出さなければなりません。
そのためにはどうしたらいいのでしょう。

ここに、3つの作戦があります。

まずは、何でもかんでも1~2割引で販売することをやめることです。
商品によって、定価で売るものとそうでないものとを決めます。

例えば、今シーズンの新製品は、発売から3ヶ月間は定価販売をすると決めます。
そして、時期を見て徐々に販売価格を下げていきます。

そうすれば、最初から割引価格で販売するよりは利益がでます。

一方では、値ごろ感を出すための商品も必要です。
それには、問屋さんやメーカーさんに余っている在庫商品を安く仕入れます。

先シーズンのもので十分です。
これらは、うまく交渉すれば定価の20%か30%で仕入れられます。

それを定価の4割引で売れば50%以上の粗利率になります。
店頭でにぎやかに陳列しますと、店内に割安感が演出できます。

これが、旧シーズンの商品を利用して利益を出す方法です。

次の作戦は、絶対に定価で売れるものをたくさん揃えることです。
例えば、リストバンド、テーピング、ロージンバッグ、スパイク鋲、などの消耗品です。

そうすれば、今よりは利益がでます。
これが「アクセサリー作戦」です。

そして、三つ目です。

商品だけで利益を上げるのは、専門店の生きる道ではありません。
もっと利益を上げる方法があります。

すでに、あなたのお店でもやっている方法です。
それは「技」を売ることです。

例えば
・ラケットのガット張り
・野球グローブの修理
・卓球ラケットのラバー張替え
・ユニフォームのマーク付け
・ネーム加工

いろいろな「技」を売っています。
これらの「技」を「匠」の域にまで持っていくと、もっといいです。

他の店がかなわないと思うだけの「腕」を持つのです。
高いレベルのスポーツ用品の修理、加工技術は、利益の源になります。

そして、その「匠の技」は、店内はもちろんホームページなどを使って発信するといいでしょう。
修理、加工済みの現物があれば店内に陳列し、ネットでは完成写真をふんだんに掲載します。

そこには、お客様の声も付け加えておきましょう。
この「匠の技」作戦が、利益をもたらします。

この三つの作戦を組み合わせて、儲けを出すようにがんばってください。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ