まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

魔法の手紙

お客様は、こちらからアクセスしないと、すぐに忘れられてしまいます。

前回、「記念日のはがき」のことを話題にしました。
今回は、もう少し内容の濃いツール、「ニュースレター」のご紹介です。

ニュースレターとは一体何でしょうか。
これは、言わば、「重要な顧客に、定期的に発信する自店のミニコミ誌」だと
考えればいいです。

このニュースレターを全部のお客様に出すには予算や時間の制約があるでしょうから、
数百人くらいに絞るのが適当でしょう。

そして、一ヶ月に一回の発行くらいが無理のないところです。
少なくとも、3ヶ月以上の期間をあけるべきではないですね。

では、何のためにニュースレターを出すのでしょうか。

一つには、はがきと同じように「お客様から忘れられない」ことが、
その目的になります。

もう一つは、「購買につなげる」ことです。
せっかく、購入機会の多い「重要なお客様」にニュースレターを出すのですから、
商品を購入していただくツールとしても活用させるといいでしょう。

レターの中に、「お勧めの逸品・限定品」「限定期間」「お客様の推薦文」
「購入特典」などの記事を盛り込んでおき、それらの商品の注文用紙を
差し込んでおけば、購買につながっていきます。

まだ他に、ニュースレターの役目があります。
それは、「自店の活動や方向を、お客様に知ってもらうと同時に、
従業員にも伝える」ということです。

つまり、ニュースレターは、あなたが自分で書くものです。
その内容には、「自店の内外での活動内容」や、「今後のイベントスケジュール」なども
含まれるでしょう。

そして、あなたの「経営に関する考え方」や「お店の方針」も掲載されなくてはなりません。

ニュースレターで記事を書くことにより、あなたの考えや姿勢が明確になり、
それがお客様や従業員に伝わっていきます。

このように、「ニュースレター」を出すことは、いくつもの効果があるのです。

ところで、ニュースレターには決まったスタイルがあるのでしょうか?

これには決まったスタイルがあるわけではありませんが、サイズはA4かB5が良いです。
なぜなら、お客様が後でファイルしておきやすいからです。
用紙は、普通のコピー用紙で十分です。

封筒は透明のものをお勧めします。
何が送られてきたか、お客様に一目で分かりますから親切です。

とはいえ、スタイルよりも、その中身の方が大切です。
どんな記事を書けば、より効果が上がるのでしょう。

私ならこんな記事を書きます。

・店長の失敗談(親近感がわきます)
・スタッフからの一言(名前と似顔絵入り)
・対戦相手募集(お客様の交流の場)
・スポーツチーム自慢(お客様の投稿から)
・販売のプロが教える商品知識(例:野球グローブの手入れ法)

こうしたニュースレターは、スポーツショップのほとんどが出していませんので、
大きな差別化になることは間違いありません。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ