まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

顧客データの集め方

あなたのお店でも、何らかの方法で顧客データを収集しておられるでしょうが、
そのデータを集めるための一般的な方法には、どんなものがあるのでしょうか。

どのお店でもよく行われている方法は、
「ポイントカード」と「顧客会員カード」ですね。

一般的に、「ポイントカード」は、リピーターを増やすには良いプロモーションツールですが、
集まるデータはせいぜいお客様の名前と住所くらいで、データの収集には余り効果的ではありません。

一方、「顧客会員カード」は、お客様が入会を申し込むときに、
かなりの情報が集まりますので、データとして活用しやすいです。

ところが、この2つのツールを使わなくても、もっと簡単に顧客データを集められる方法があります。

それは、「アンケート用紙」を使うことです。
顧客データを集めるには、かなり効率の良いツールです。

「アンケート」を行う方法は、2つあります。

それは、
(1)店頭でアンケート用紙を配布する方法と、
(2)ショッピングバッグに入れてお渡しする方法です。

用紙のサイズはA4かB5くらいがいいでしょう。
ハガキでも構いません。

その場で記入してもらうのが一番ですが、後日の来店時に持参していただいたり、
FAXで送っていただくことも出来る内容にしておきます。

大事なことは、「出来るだけ多くのお客様」にアンケートを提出してもらうことです。
そのためには、提出したお客様に何かのメリットをあげることがキーポイントとなります。

例えば、店頭でアンケートを記入していただいた時に、
その場で粗品との交換をするというようなことです。

粗品はメーカーさんや、問屋さんから頂いたノベルティーなどを使えば、
費用はかかりません。

また、アンケート提出者の中から抽選で毎月数名の方に、
高価なものを差し上げる、というような方法もあります。

この場合は、お店で過剰在庫となった商品や、店舗で使えるクーポン券などを
差し上げれば良いでしょう。

メリットの内容はお店で考えていただくとして、
アンケートからはどんな情報を取るようにすればいいのでしょうか。

アンケート用紙に次のような項目を入れると、良い情報が入手できます。

・アンケートの目的
・アンケートに答えるメリット
・お名前(ふりがな)
・住所(ふりがな)
・生年月日
・学校名
・学年
・クラブ活動
・所属団体
・やっているスポーツ
・今後やりたいスポーツ
・主な記録や実績
・自店での年間購入回数
・当店来店の理由(項目例:近い、安い、商品が多い、サービス)
・今回の購入商品(ブランド、商品名、価格)
・当店へのご意見
・アンケート協力のお礼
・個人情報取り扱いについての案内文

といったところです。

そして、入手したアンケートは、データベースにしておくことが大切です。
自店のパソコンなどを使ってアンケートのデータを毎日もしくは定期的に
入力するいいでしょう。

集めた顧客データを、業績の向上に役立ててください。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ