まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
梅本泰則

お店を元気にするスポーツショップコンサルタント

梅本泰則(うめもとやすのり)

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

コラム

後継者の問題

日本の中小企業における事業承継の問題が、重要な課題の一つになっています。
スポーツショップにとっても、頭の痛い話です。

すでに世代交代をしたお店もありますし、世代交代の最中というお店もあります。
中には、残念ながら、適当な後継者がいなくて、お店を閉めてしまったところもあります。
そうならないためにも、今のうちから後継者の問題を考えておきましょう。

スポーツショップの多くの経営者は、自分の子供を後継者にしたいと考えています。
きっと、あなたもそうでしょう。

もしそうであれば、後継の問題は、出来る限り早い段階で、計画的に進めることが大切です。
後継者を決めるのは「まだ先の話」だとか、
「後のことは好きにやってくれ」などとは考えない方がいいです。

そして、「こいつしかいない」という覚悟をもって決めることです。
覚悟ができたら、後継者と決めた本人に、そのことを話します。

その時大切なのは、あなたが後継者に事業の夢を、しっかりと語ることです。
また、その後継者に、「経営者になる」ことを腹にくくらせることです。

あなたの夢や、目指しているところを伝えたら、
その次は一緒に中長期の経営計画を作ります。

この計画は、あなたの夢を実現するためのものです。
後継者と一緒に計画を作りながら、その夢を共有してもらいましょう。

そして、この計画には、財産の引継ぎの計画や、相続の対策も盛り込んでいきます。

その次にあなたのすることは、後継者を「経営者」として育成をすることです。
時間をかけて経営者としての素養を身につけさせましょう。

とはいえ、後継者の育成をするだけでは、事業の承継は解決しません。
後継者が決まったら、社内の理解を得ることが必要です。

特に、兄弟や親族が社内にいるときは、後継をめぐってトラブルになることもあります。
これは、大変微妙な問題ですので、十分な説明と理解を得ることが大切です。

また、取引先にも、後継問題の説明をするタイミングがあります。
金融機関への説明も必要です。
これは、先に作った計画書をもとに説明をすればいいでしょう。

それから、大変むつかしいのが、事業の承継における法律や税金の問題です。
これは、法律の専門家と税の専門家にご相談することをおすすめします。

相談をするさいには、会社の財産状態を把握しておくといいでしょう。
例えば、「自社株は誰がどれだけ持っているか」「現在の株価」
「事業用不動産の種類と時価」「社長自身の保有財産」「社長の個人保証の内容」
などです。

これらお金のからむ問題は、思わぬ事態に発展することもあります。
よく事前に対策を立てておくべきです。

いずれにしても、事業承継問題は、個々のお店によって解決方法が違います。
専門家をまきこんで、計画的に行いましょう。

お客様の声はこちら

コンサル事例はこちら

この記事を書いたプロ

梅本泰則

梅本泰則(うめもとやすのり)

梅本泰則プロのその他のコンテンツ

Share

梅本泰則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-916-7108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梅本泰則

121(ワン・トゥー・ワン)コンサルティング

担当梅本泰則(うめもとやすのり)

地図・アクセス

梅本泰則プロのその他のコンテンツ