子どもの「健康」を育てる

津田美智子

子どもを健やかに育てる、しなやかで伸びやかな体づくり

健康体操のプロ 津田美智子 [ プロフィール ]

昨今の子どもの体を見ていると骨盤の歪み・縮みによって筋肉の発達が乏しく、骨格が未発達な状態が増えています。それに伴って、体力低下や集中力散漫などの症状が表れています。

子どもたちの体の特徴を挙げると、骨盤の歪みによる内股の内転が多く、
骨盤や肩甲骨の発達に影響を与えています。

これらは「歩くこと」「走ること」で改善されるわけではありませんので、
適切な整体運動や意識的なストレッチで骨格を矯正していくことが求められています。

近年、乳幼児から発達の段階で異常がみられる場合が多く、改善されないまま育つと、小学生・中学生の成長期に歪み・縮みを持ったままで勉強に身が入らなくなり、精神的にも不安定な状態に陥ることも珍しいことではありません。

若年層にうつ病や更年期障害の症状を訴える人もいますが、
これらの症状には歪み・縮みによる精神の不調が原因となっていることもあります。

骨盤の歪み・縮みを持った子どもたちに自覚症状はほとんどありませんが、
例えば授業を受ける姿勢などに顕著に表れます。

体を支えるはずの骨盤が歪んでいると正しい姿勢を持続できません。
その結果、落ち着きがなくなり集中できなくなるのです。机上の勉強はもちろん、
骨格を整えるための大切な筋肉を作りだす運動をもっと取り入れることが大切です。

36年間の健康体操の実践から得たことは体が変われば心が変わるということでした。
しなやかで伸びやかな体づくりは心も健やかに育て、いじめや引きこもりなどの社会問題にも好影響を与えると考えています。

健康体操のプロ 津田美智子 [マイベストプロ大阪]

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。

ページの先頭へ戻る