子どもの「教育環境」を育てる

山口真名美

コミュニケーションのツールとしての英語教育を

真のバイリンガルを養成する英語教育者  山口真名美 [ プロフィール ]

社内言語が英語になる企業が登場したり、スポーツの世界でも外国への移籍や国外遠征試合などの機会が増えるなど、ますます世界とかかわりなしには生きていくことが難しい世の中となっています。

小学校では英語が必修の科目になり、日本でも国際人教育の幕開けを感じるようになりましたが、残念ながらそう簡単にはいかないように思います。

それは、ビジョンの不明確さにあります。以前から英語教育でも、日本人は中学校から高校までの6年間、ある意味でしっかりと英語を勉強してきているのです。

その結果が今までの日本人であり、その現実を検証し反省しない限り、新しい道は生まれません。

英語は言語です。たとえば算数や理科と同じようにして教えてはいけないのです。

つまり、「英語を学ぶ」というのは「言語を習得する」ということですので、まずはコミュニケーションのツールとして使えるようにしてから教科としての英語を学ぶという順序を踏むことが求められます。

英語教育の目標は、英語を自由自在に話すことによって世界に向かって歩を進められる日本人を育てることではないでしょうか? 

業種を問わず、これからは世界中がフィールドとなることは間違いないことですので、世界を相手に対等に仕事ができる人材を輩出するためにも、子どもの教育現場においての「英語教育の環境作り」が最重要課題です。

具体的には英語を受験科目から外し、「勉強しなければ」とういう義務感から解放することが必要なのかもしれません。

そして、英語でのコミュニケーションを指導できる教師を育てることが急がれます。

真のバイリンガルを養成する英語教育者  山口真名美 [マイベストプロ東京]

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。

ページの先頭へ戻る