子どもの「教育環境」を育てる

「教育環境」を育てるをテーマにした記事をご紹介します。

  • 主張できる「世界基準の英語力」を

    子どもたちを取り巻く日本の環境は大きく変化しようとしています。日本人が「世界標準」で物事を考えなくてはいけない時代がやって来ました。このことは、日本企業のあからさまな採用戦略を見れば一目瞭然です。...

    プロ:里見郁子

  • 子どもたちの成長のため、学校と塾が連携を

    塾講師として、「学校と同じことを繰り返し教えるだけの塾ならば、なくてもよいのではないか」と思いつつ仕事に携わっています。もし、すべての子どもたちが自主的に判断し学習を進めることができたならば、学校と同じことを繰り返し教える必要はありません。...

    プロ:安田廣志

  • 子どもの雑草魂を育てる「教育の多次元化」

    今の日本に元気がないのなら、それは元気な人間を育ててこなかったからだと思います。 中国・韓国・インド……など、近年急激に発展している国々の人々が持つ雑草のような力が現代の日本人にはありません。なぜ、このようになってしまったのでしょうか?...

    プロ:杉田昌穂

  • コミュニケーションのツールとしての英語教育を

    社内言語が英語になる企業が登場したり、スポーツの世界でも外国への移籍や国外遠征試合などの機会が増えるなど、ますます世界とかかわりなしには生きていくことが難しい世の中となっています。...

    プロ:山口真名美

  • 「学力テスト」だけで子どもを評価する教育から脱却を

    25年間、小学校の現場で教師として子どもたちと触れあってきましたが、子どもたちは個性や長所・短所を持っていて、それぞれに無限の可能性と希望に満ちた未来を感じました。学校の先生たちは一人一人の個性を尊重し、その子どもの良い部分を伸ばしていきながら全人格的な成長をサポートしていくことが本来の役割です。...

    プロ:細見俊夫

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。

ページの先頭へ戻る