子どもの「親」を育てる

「親」を育てるをテーマにした記事をご紹介します。

  • 子どもの偏平足を改善した「素足での学校生活」

    一つでも当てはまる場合は、早急に対処をしていかなければなりません。近年、子どもたちの「足への環境」が著しく悪くなっているため、子どもの外反母趾と偏平足が急増しています。外反母趾は大人になると更に悪化します。中でも特に偏平足の子は、実際にふんばりが効かなかったり、人より疲れやすい傾向があります...

    プロ:飛鳥田由理

  • 子どもを育てる大人を作る教育 8つのポイント

    子どもたちにとっての刺激は「こんな人になりたい」と憧れることができる「本気で生き抜いている大人」の姿を見せてあげることです。つまり、将来たどり着きたいと切望する到達点としての「夢」を「実在する大人の本気の仕事ぶり」に感じさせることで、子どもたちの目的意識に火をつけてあげることが大切です。...

    プロ:井上博文

  • 子どもとのコミュニケーションに欠かせない7つのポイント

    教育効果が高い環境を与えるためには、子どもを取り巻く親や地域の大人のコミュニケーション力を高めることが必要不可欠かつ急務です。現在は、幼稚園でのキャリア教育(問題解決や人間関係構築など生きる力を養う教育)や小学校でのアサーティブトレーニングなど、...

    プロ:守帰朋子

  • いじめや不登校を防ぐ、親や教師が守るべきマナー

    今の日本の子どもは、いじめや不登校などと危機的状態に陥っており、未来に暗雲が立ち込めています。そこでマナー教育を視野に入れた、より良い子育てを提案します。マナーとは「思いやりの心」であり、それを言葉や態度で具体的に表現することです。...

    プロ:平松幹夫

  • 子どもの不登校を防ぐために親が出来ること

    文部科学省の平成21年度の資料によると、全国の小中学生の不登校生徒数は122,432人、高校の不登校生徒数は51,728人となっています。島根県の場合は数年前まで不登校率全国1位だった時期があり、現在も高い順位にあります。...

    プロ:安達嘉信

  • 子どもを健やかに育てる母親の心構え

    「悲しいときには泣く」「楽しいときには笑う」「腹が立てば怒る」。このような当たり前の感情表現ができない子どもたちが増えています。何かに脅えて、感情を解放できないでいるのかもしれません。...

    プロ:諫山友輝乃

  • 応用行動分析に基づく子どもとの接し方

    子どもは「希望」ですが、その「希望」を「失ってしまった」と感じている家族が少なからずいます。例えば、医療関係者や通園先で、「発達障害ですね。疑いがあるから様子を見ましょう」などと言われて、慌てない保護者はいません。...

    プロ:松田幸都枝

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。...

ページの先頭へ戻る