[企業の再生] 経済を復活させる企業改革論

「経営」をテーマにした記事をご紹介します。

  • 65歳までの希望者全員雇用時代への備えが、ノウハウ流出の防止と社会保障給付の低減に

    サラリーマンの年金(特別支給の老齢厚生年金)の支給開始年齢が65歳に向けて上がることで、無収入期間をなくすために、「高年齢者雇用安定法」の改正の動きが進んでいます。これによれば、65歳まで希望者全員を雇用するのが義務化される、とのことです...

    プロ:河田一省

  • 会社を永続させるための意識改善

    「子どものころから憧れた仕事。ずっと続けようと思ったのに、勤めてたった半年で終わりだなんて……」。数年前にある破産・廃業した建設会社で、社員さんから言われた言葉です。涙が出ました。これが私の仕事の原点です...

    プロ:網師本大地

  • 経営において最小経費で最大効果を生むマナー

    日本には「顧客満足」「顧客第一主義」という言葉が存在します。多くの企業がそれを経営理念に掲げ、それを具体化するために、「安くて良いモノ」を提供しようとする企業努力を行っています。しかし、それだけでは限界が見えてきているのも事実です。今後は「無理して、良いモノを安価に提供する」より「他の方法でお客さまに喜びや...

    プロ:平松幹夫

  • 会社を復活させる「現状把握」と「将来に向けての課題解決」

    会社を運営するに必要とされる「人」「物」「技術力」「市場のニ-ズ」「資金」「情報」において、棚卸を実施し、客観的に現状を把握することが大切です。その上で、強みはさらに伸ばし、弱みはフォロ-することが求められます。そして、現状をワンランクアップさせる課題を設定し、それをクリアするための...

    プロ:萩原広行

  • 企業再生に導くPEST分析とSWOT分析

    企業再生とは、「企業内の贅肉をそぎ落とし、身軽になり、時代にあった経営を考えること」と定義します。そのためには、社長を含めた社員の意識改革と、無駄の多い多角化経営を見直すことからはじめます。その判断材料として、マクロ的な見方とSWOT分析をお伝えします...

    プロ:里見郁子

  • 従業員の健康を維持するウォーキングのすすめ

    企業の再生には、企業に勤める会社員が健康になることが大切です。そのために効果的ななのが、正しいウォーキングを始めること。「社会に出てから、運動する機会が減った」とよく耳にしますが、東京の新橋でもこのような光景を目にします。「朝、大勢の会社員が一斉にオフィスビルに向かって歩いています...

    プロ:飛鳥田由理

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。...

ページの先頭へ戻る